人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

2020年8月8日

ユーモアは、人生の出来事についての執着をなくし、あるいは再構築化するための手段である。それは軽い心でいるやり方であり、「ゆるいガウンのごとく世界を着る」やり方である。それは人間の人生全体に対する共感へと導き、生と死のもがきに疲れ果てるかのように人生にかかわる必要などなく、人生における選択肢をただ楽しめばよいのだという気づきを与える。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

 

 

2020年8月7日

私は何も知らない、というのが事実であり、せいぜい、マインドは印象と推定を抱くに過ぎない。人生は、単に回想の中でのみ、意味を成す。

 

解説:

我々は悟りに至らない限り、物事をありのままに「観ている」ようで見ていない、自分の推定とイメージをかぶせているだけだ、ということです!

 

 原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

 

 

2020年8月6日

エゴはフォース(意識レベル200未満のネガティブなエネルギー)に依存する。魂はパワー(意識レベル200以上のポジティブなエネルギー)に左右される。気づきはあなたが何をする人かではなく、あなたがどうあるか、そしてどのようになったか、長い目で見ればそこに価値があるのだということを知っている。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

 

 

2020年8月5日

本当の成長と進化に必要不可欠な、最も重要な質とは、謙虚さを自分の主たる目標とし、実践することである。謙虚さを根底となる態度として自発的に受け入れることは、自分自身に愚かしさの痛みに満ちた結果をぐっと押し付けるよりもむしろ、はるかに痛みが少なくなる。謙虚さは、公共の場ないしはある種の社会的グループにおいてネガティブなイメージがあるにもかかわらず、指標となり、熟練性、智慧、そして成熟性を備える。なぜなら、謙虚さがベースとなるとき、真実はまさに根本的で究極の現実であり、謙虚さそれ自体もその中にも脆弱性は存在しないからである。むしろ、謙虚さは、マインドが「何かについて知る」ことしかできず、さらには表面と本質の区別すらつかないことを明らかにする。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

 

 

2020年8月4日

虚栄心的な思考・コンセプト・意見の形をとった傲慢さは、すべて無知・無学がベースとなっている。これに対する根本的な解毒剤は謙虚さである。謙虚さが偏見(※原典上は「知覚」)の支配を無効にしてくれる。自分がすでに知っていると高を括るのではなく、真実が明らかになることを求めよ。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

 

 

2020年8月3日

もし、我々が昔から「邪悪」と呼ぶもののうちかなりのものを検証すると、我々が見つけるのは邪悪さではなく、抽象化であり、形容語句であり、ラベルである。その代わりに、我々はそこに、以下のように描写可能なふるまいを見ることになる。原始的、幼児的、エゴイスティック、ナルシスティック、自己中心的、無知、否定の心理的カニズムにより複雑化されてしまったもの、投影、正当化された憎しみに基づく偏屈。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

 

 

2020年8月2日

(生きる)意味というものは非常に重要である。なぜならば、人生がその意味を失ったとき、一般的には自殺が多発するからである。人生がその意味を見失ったとき、我々は真っ先に抑うつ状態に陥る。人生が本当に意味のないものになり下がったとき、我々は完全に人生を放棄してしまうだろう。フォース(※博士がいうフォースとは、ネガティブな部類に属する、意識レベル200未満のチカラのこと)は一時的な目標を持つ。そのゴールを達成したとき、無意味さに由来する虚無感が再び本人を襲う。それとは対照的に、パワー(※博士がいうパワーとは、ポジティブな部類に属する、意識レベル200以上のチカラのこと)は、永遠に我々を元気づける。もしたとえば、我々の人生が、自分たちに関係するすべての人たちの福祉を高めることにささげられているならば、我々の人生が意味を見失うことなど永遠にあり得ないだろう。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)