人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

2020年10月28日

人は自分の人生と努力を、それらを愛、献身、無私の奉仕を通じて聖別することによって贈り物とする。これが神に至るためのハートの道である。この方法においては、日々の生活は祈りの形をとるようになり、何もかもが喜びの源となる。他者(の意識レベル)を…

2020年10月27日

神聖さの生来的な性質とは慈悲と思いやりである。探し求めるべき好意など存在しない。すでに存在するもの(慈悲と思いやり)を、与えられたものとして受け入れさえすればよいのである。 原典はこちら Along the Path to Enlightenment (English Edition) 作…

2020年10月26日

Selfとはその人の内なる祖母のようなもの、孫がレインコートを忘れていかないか、家賃を払い忘れないか常に見張っているような存在である。神というのは不吉なものではなく愛の存在である。恐怖は想像からわきあがってくるのである。 原典はこちら Along the…

2020年10月25日

Selfはコンテキスト(背景、文脈=すべての根底となるもの)であり、それとは対照的にselfはコンテントであることを知るということは、それですでに巨大な躍進をしたことになる。無知な霊的探究者は単にコンテントを混同し続けているだけである。 補足: sel…

2020年10月24日

神の本質を理解するには、愛の性質それ自体を知るだけでよい。本当の意味で愛を知るということは神を知り理解するということであり、神について知るということは愛を理解するということである。 原典はこちら Along the Path to Enlightenment (English Edit…

2020年10月23日

通常の人間にとって、神の愛の臨在を感じることの喜びに勝る経験は絶対に存在しない。神の愛の臨在を認識するために犠牲も過ぎる努力も一切必要ないのである。 補足: この言葉、特に「人の役に立ちたい」と強く思う方は心にとめておくといいと思うのです。 …

2020年10月22日

非二元性の現実の中においては、特権も獲得するものも失うものもランク付けすべきものも一切存在しない。海に浮かぶコルクのように、それぞれの魂はその独自のレベルに応じて自らの選択によって意識の海の中を浮かんだり沈んだりする。そこに外部の力や好み…

2020年10月21日

神は罪悪(罪悪感)によって影響されあるいは癒される(=神は罪を好む)というような考えなど、高みにある真実の情報源にはどこにも存在しない。歴史上の偉大な聖者は罪悪について語らず、その代わりに無知としての「罪」について言及していた。 解説: 「…

2020年10月20日

罪の解放と自分自身及び他者への大きな共感は、人間個々人が自発的にエゴの構造を作り出したのではないし、ほかの誰もそんなことはしていないということに気づくことによって生じる。人間の状態というものは主にカルマ的に「与えられた」ものである。それは…

2020年10月19日

喪失の形式はすべてエゴにとっては対決であり自身の生存メカニズムである。人間お人生のすべての側面は一時的なものであり、そのため、どの側面にも言えることだが、特定の側面に固執することは結果的に悲しみと喪失をもたらす。しかしながら、出来事はすべ…

2020年10月18日

恥を取り消すためには、恥というものがプライド(傲慢さ)に基づいていることを認識することが役に立つ。立場を失うということは、傲慢さを自尊心だと思って心の支えにしているエゴにとっては痛みに感じてしまうものである。自己中心的な傲慢さがなければ、…

2020年10月17日

ほとんどの恐怖の共通した要素とは、それらは幸せというものが外側の何かに左右されるという幻想に基づいているということであり、それゆえに脆弱である。脆弱性の幻想を克服することは大きな解放と恐怖に動かされることからの訂正をもたらす。人生はよい方…

2020年10月16日

幸せの本当の源が内側に由来するのと同じで、欲望は飽き足りることがなく、特別性を常に外側の何かに投影し続けている。それゆえ、幻想を買い続けている。一つの欲望が満たされ満足すると、欲望の対象は永遠の投影の中ですぐに別の対象物に移る。まるで馬の…

2020年10月15日

エゴは感情に固執する。感情は生来的に立ち位置と結びついている。それはほかに選択肢がないかのように考えるふりをする。「神にサレンダーする」ということは、慰めとスリルを探そうとしてエゴのほうを見るのをやめ、永遠の穏やかな喜びの源を探そうとする…

2020年10月14日

エゴの粘り強さの源を発見するにつれ、我々は自分自身に魅了されているのだという致命的な発見をするのである。 余談: 人間は誰しもナルシスト的部分を持っています。もちろんそれは神にサレンダーされるべきではありますが。筆者ももちろん持ってますぞー…

2020年10月13日

自分の人生を霊的な意図に沿わせるということはその意味と意義を拡大することになる。エゴ・身体・マインドの寿命は限界があって一時的なものであるが、魂の生命とは永遠であり、それゆえその重要性はエゴの満足となる一時的な獲得を食ってしまう。そして小…

2020年10月12日

霊的探究の本質的基礎的原理は、いわゆる一意専心、謙虚さ、不屈、手放す意志、そして神への信仰と信頼である。これらは献身、祈り、霊的な意志により神の恩寵を嘆願し求めることにより強化される…それらは意図により権限を与えられる。意図によって、基本的…

2020年10月11日

度を越した欲望は欠乏の幻想を作り出す。明らかに、お金の問題が、収入が追い付かないほどに支出してしまうことから生じるのと同様である。 余談: 筆者の個人的な経験による感想ではありますが、真実のスピリチュアルは学ぶ者をお金の問題から解放してくれ…

2020年10月10日

生命というのは物質やエネルギーのようなもので、破壊されうるものではなく単にその形を変え得るものである。したがって、死というものは実際には単に肉体を離れるだけのものなのである。しかしながら、同一性意識というものは、壊れないのである。「私」(s…

2020年10月9日

ただ必要なものは、世界への献身から神とスピリットへの献身にシフトすることだけである。 原典はこちら Along the Path to Enlightenment (English Edition) 作者:Hawkins, David R. 発売日: 2011/02/01 メディア: Kindle版

2020年10月8日

サレンダーされるべきは欲望の対象物ではなく、欲望の質であり、対象物に込められた必要以上に膨張した価値である。 解説: 好きなもの、欲しいものを必要以上に美化するなということだと思ってもらってよろしいかと。 原典はこちら Along the Path to Enlig…

2020年10月7日

霊的な探究に対する抵抗の源はエゴの自己陶酔的な核心であり、それは人の経験・決定・行動は自分に主権と著作権があると主張するというものである。それゆえ、本人の最大限の努力にもかかわらず、獲得ないしは操作に対するわがままと欲望は繰り返し爆発する…

2020年10月6日

愛の限界は知覚された質と違いに関係がある。内なる正直さと検証を通じて、それら限界の領域は明らかにされる。通常はジャッジメントの残余か、あるいは主要な出来事から受けたインパクト(=トラウマ)としてのものである。愛を無条件のものにするための鍵…

2020年10月5日

神への愛の障害となるものすべてを手放したいという欲望が生じたとき、神がすでに意志という形においてそこに存在しているのである。人が献身するようになったとき、エゴの瓦解と(光明への)道を照らしだす進化した臨在がすでにそこにある。霊的な進化と発…

2020年10月4日

本当に神聖で神に属するものは平和と愛しかもたらさないということは強調されるべきである。 余談: 人をいじめておきながら「好きだからいじめる」というのは、真実の愛ではないということです。それはただの執着です。 親子関係でも、よくありますよね。自…

2020年10月3日

言っておくが、忠誠というものは神に対してのみ、神と自分との関係においてのみ、そして純粋さかつ神聖さに対してのみささげられるべきものである。神から特別の承認を受けた組織など存在しないのであり、しかもそんな「神から特別の承認を受けた」なんて自…

2020年10月2日

人生をどうコンテキスト化(=背景設定、文脈設定)するかによって喜びと憤りのどちらがもたらされるかが決まる。出し惜しみは寛大さに取って代わられる。もし他人が自分の努力から利益を得るのであれば、かえって好都合である。誰もが他人への親切によって…

2020年10月1日

紛争は観察する者のマインドの中にあるのであって、観察される対象自体に存在するのではない。 原典はこちら Along the Path to Enlightenment (English Edition) 作者:Hawkins, David R. 発売日: 2011/02/01 メディア: Kindle版

自殺をするとどうなってしまうのか…

今年に入って芸能人の自殺が相次いでいるほか、前年同期比でも自殺者の数が増えているということで、本当に悲しいとしか言いようがありません。 が… スピリチュアリティを学んでいる身としては、やはり、この空気に同調すべきではないのです。 メジャーな宗…

2020年9月30日

意味はコンテキストによって定義される。コンテキストは動機を定義する。それも霊的な価値を確立する動機である。自分の行動を生命に対する愛の奉仕として献身することはその行動を聖別し個人的な動機によるものから無私の贈り物へと変容させる。我々は卓越…