ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「傲慢さ」 その5 傲慢さの感情の由来

英語ではPrideと表記されるこのレベルですが、これが幼児期に見られるときの現象は、「(親や社会にとって)良い行いをして親や大人に褒められた時」です。 幼児は自分の行いを親や他の大人に褒められることで承認欲求を満たし、それがやがては(良い意味で…

意識レベルについて:「傲慢さ」 その4

今回の話は、先に、意識のマップを再確認していただくところから…。 現在、ネガティブ領域のうちの「傲慢さ」(意識レベル175)についてご紹介していますが、この意識レベルと「幸福度」には相関関係がある、という研究結果を博士は残しています。 その一部…

意識レベルについて:「傲慢さ」 その3 エゴの癖を知っておく

意識のマップでいうところの「ネガティブな領域」、特にそれが怒りと傲慢さの領域の場合、「エゴ」なるものの動きを知っておくことが重要になります。 エゴというのは「幻」であり、言ってみれば人間の思考感情その他が寄り集まった集合想念であるという話を…

意識レベルについて:「傲慢さ」 その2 

傲慢さは一見、今後ご紹介することになるであろうポジティブな領域と似たような外見をしてはいるのですが、よく見ると「ほころび」があちこちにあります。 まず、傲慢さの領域にあるグループは派閥主義を引き起こします。 グループそのものが批判にさらされ…

意識レベルについて:「傲慢さ」 その1 悪い方のプライド

さて、意識レベルの解説シリーズ、ネガティブ性の最後は「傲慢さ」です。 英語では「Pride」と表記され、ホーキンズ博士の原書や意識のマップオリジナル版でも「Pride」として表記されています。 日本語で「プライド」というと、何かの功績を成し遂げ誇り高…

おまけ:「いまここ」がなぜ大事なのか。

明日より意識レベルのうち「傲慢さ」を解説していくことになりますが、その前に。 今回は筆者が現在まとめを進めている本からのご紹介です。 人間を構成する三大要素として身体とマインドとスピリットがある、という話をだいぶ前に何度かさせていただきまし…

意識レベルについて:「怒り」 その10 怒りの感情が嫌うもの

怒りの感情が嫌うものです。 意識レベル高めになるにはこちらを選択していくことになります。 Self-control (セルフコントロール) Forgive (ゆるす) Let go (手放す) ‘Go Scot free’ (罰を逃れる) Exoneration (無罪放免) Restraint (制止する) …

意識レベルについて:「怒り」 その9 怒りの感情が好むもの

怒りの感情が好むもの一覧です。 Act out feeling (気分を表情に出す) Intimidate (怖がらせる、脅す) Hold on (しがみつく) Punish, get even (罰する、やっつける) Self-vindication (自己擁護) Dump on others (他人を貶す・軽く扱う) Excite…

意識レベルについて:「怒り」 その8 怒りを超越する その2

ホーキンズ博士は、怒りを超越する方法としてもう一つ著書の中で紹介しています。 怒りの処理に必要なものは、内なる正直さであり、また、誠実でないものと本質的に機能しないものを手放し、それを自信に置き換える意志である。 もう一つのプロセスは、一見…

意識レベルについて:「怒り」 その7 怒りを超越する

ホーキンズ博士は、怒りを超越する方法として、著書「Transcending the Levels of Consciousness」の中で以下のように説明しています。 一般人には、怒りは不利益として捉えられる。一過性の迷惑であり、破壊的とみなされる。明白な解毒剤は、思いやり、受容…

アンケートのおしらせ

このブログですが、もう少し(と言ってもあと7000アクセスくらい)で50,000アクセスに到達予定です。 本当に、ありがとうございます。 10,000アクセスのときに何かお礼を、といいつつ、すでに50,000アクセスに近づいておりますので、…

遠隔ヒーリング には、手を出さないこと。

のっけから本題を出しました。 今回のタイトルにはなんのひねりもありません。そのまんまです。 遠隔ヒーリング の意識レベルは、200未満であり、ホーキンズ博士の著書「Truth vs Falsehood」によれば「偽物(存在しない)」とあります。 また、SNS等で、「…

意識レベルについて:「怒り」 その6 いずれ深刻な被害をもたらす感情

さて、怒りは深刻な被害を社会にも本人にももたらすという話を、今更ですがさせていただきます。 怒りがもたらすものとして、ホーキンズ博士が著書の中で挙げているのは… 結婚生活の失敗。離婚。 パワハラ。上司・同僚・部下・顧客との人間関係が最悪になる…

意識レベルについて:「怒り」 その5 怒り=勇敢?とんでもない!

怒りを生活の中で表現している人は大抵、「これは【正当な怒り】だ」と自分の怒りを正当化しています。 コンビニで店員に土下座させようとするクレーマーを思い浮かべて貰えばわかりやすいかと思います。 そういえば、常磐道のあおり事件も、そんな感じです…

意識レベルについて:「怒り」 その4 怒りのメカニズム

怒りの特徴として、「競争」「攻撃」を以前の記事にてご紹介しました。 競争するにも相手が必要ですし、攻撃するにも相手が必要です。 この、相手(それも、ネガティブなほうの)を想定するということは、本来意識で一つなはずの宇宙全体を分断してしまう考…

意識レベルについて:「怒り」 その3 怒りを抑圧するとどうなるか

怒りを抑圧するとどうなるか? …病気になります。それも、胃潰瘍とか。 という陳腐な話をするつもりはありません。 ※とはいえ、博士の著書「Healing and Recovery」にもある通り、病気とは本人のネガティブな意識レベルの表出ですので、あながち間違ってはい…

意識レベルについて:「怒り」 その2 一般的な怒りとここでいう怒りの違い

怒りっていうと感情に任せてガーッと怒鳴って、あるいはふつふつと腹に一物…という場面を想像しがちですが、ホーキンズ博士は、スピリチュアルな怒りと一般的な怒りは似て非なるものだとしています。 一般的な怒りはご存知の通り、我々の生活全般に浸透して…

意識レベルについて:「怒り」 その1 

久々に「意識レベルについて」シリーズを再開いたします。 このシリーズはホーキンズ博士の著書「Transcending the Levels of Consciousness」に基づいておりますが、ネガティブな領域のうち、意識レベル150の「怒り」と意識レベル175の「傲慢さ」をまだご紹…

苦しみの原因。

エゴ、というと、一般的には「人間の利己的なわがまま」と解釈されますが、スピリチュアルな意味でのエゴは「歴史的に人間が吐き出し続けてきた精神プロセス(悩んだり怒ったり悲しんだり考えたり)の集合体」であり、はっきり言えば「幻」です。 これが人間…

人間の存在目的は、霊的成長にある。

このブログで繰り返し書いていることですが、そもそもなんで我々は地球にいるのか…という話です。 それはズバリ霊的成長のためです。 もっと言えば、カルマ解消(=エゴの解消)が目的です。 ちなみに、ホーキンズ博士は、エゴとはカルマと同じだと思えばよ…

プレッシャーも意識レベルが低い状態から生じる。

霊的真実においてはストレスとかプレッシャーとかいう、「精神的にネガティブなもの」は基本的に存在しません。 ホーキンズ博士は、ストレスとは勝ち負けの立ち位置から自動的に発生する、と著書「Healing and Recovery」の中で記しています。 立ち位置とは…

いじめられた記憶を処理して手放す必要性。

筆者もいじめの経験がかなりありますので(面白いことに、それまでの家族と一切連絡を絶ってから、「実は家族(両親)からいじめられていた」ことが判明)その記憶を処理するのはかなり苦しいものがありますが、それでも、「赦し」を実践する必要性があると…

いじめは、罪悪感をもたらす。

さて新学期が始まりました。 学校に限らず、勤務先でも、人が集まる場所には必ずと言っていいほど、いじめの問題は発生します。 いじめは、言ってみれば、自分のマインドにあるネガティブ性を他者に向けて表現したものです。 人間のエゴとマインドが生み出し…

霊的な教えは、内容もさることながら、伝える人も重視すべし。

タイトルはホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」第5章からのもので、たとえば同じ新約聖書を伝えるにしても、意識レベルが高く愛の領域にある人から教わるのと意識レベルが低く200未満の領域にある人から教わるのとでは天地の差があるという意味で…

傲慢さはすべての運を食い尽くす。

「定年後ぼっち」「熟年離婚」というように、適応能力が下がると言われている老齢期に入ってそれまで親しくしていた人と離れるというのはかなり精神的にこたえるものだと言われています。 他人事のような書き方ですが、筆者はいかんせん、3年前に孤独という…

道は真っ直ぐで細い。時間を無駄にしてはならない。

タイトルは、ホーキンズ博士が著書の冒頭などに載せている言葉なのです。 このあと、「いと高きところにまします神に栄光あれ」と続くのですが…。 道というのは、言うまでもないとは思われますが、霊的成長への道ということです。 さて今回敢えてこの言葉を…

「スピリット」が人間の胎児と出会うまで。

宇宙にあるすべてのものは「意識」、言ってみれば神から生まれていますが、我々の本体たる「魂」はその普遍意識の一部です。 もともとは今いる地球のように物質として認識できるわけではありません。 ちなみに地球という場所は、今いる人の中には「パラダイ…

信念体系・プログラムは、他者操作のために使われる。

「親や学校のいうことをよく聞いて生きてきたのに、今、何にもいいことない」 と思われている方がいるかもしれません。 あるいは、 「今まで大人の言いつけをよく聞いて学校でも成績はよかった。今、自分が活躍できないのは、自分の努力が足りないからだ」 …

他人のために祈る。

前回記事ですが、一部意味不明な箇所があり、加筆訂正いたしました。 さて、2週間くらい前の記事にて、このブログのネタということで、オーディブルで販売されているホーキンズ博士の講義(すべて英語です)を聴いているという話をさせていただきましたが、…

甘え もネガティブの部類に入ります。

いわゆる「甘え上手」といわれる方や、何かというと周囲にすぐ守ってもらえる方っていますね。 さて、周囲からの好意で差し出されたものを「ありがたく受け取る」のと、甘えという名のもとに…というよりはほぼワガママに近いのでしょうが、「ちょうだいよち…