ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

2019-04-30から1日間の記事一覧

【平成最終日のこぼれ話】車の意識レベルと芸術性

筆者はどうも「車が好き」と思われているようでして…実はこのことについては筆者は否定も肯定もしていないのです。(要は自分ではさほど車が好きというほどではない、と思っているということ) 確かに、以前はメルセデスベンツを所有しており、現在はジャガ…

【平成最終日のこぼれ話】手軽にできるスピリチュアルワーク

「人生に役立つスピリチュアル特集」と銘打っているくらいですから、平成最後の日は「宗教を信じていようがいまいが神を信じていようがいまいが速攻で使えるスピリチュアルワーク」をご紹介したいと思います。 基本的に筆者は、霊的成長のために多額の金を払…

【平成最終日のこぼれ話】賛美歌の意識レベル

日本では、賛美歌を聴く機会というと即クリスマス、な感じもしなくもないですが…。 「きよしこの夜」に代表される賛美歌の意識レベルは、さすがというべきか、575です。 また、「アメイジンググレイス」の意識レベルもやはり575です。 アヴェ・マリアの意識…

【平成最終日のこぼれ話】ボブ・ディランの曲の意識レベル

ボブ・ディランといえば、2016年にノーベル文学賞を送られることになっていながらしばらくシカトしていたアーティストですね。 その後受賞を受け入れることにしたそうですが、さすがという感じがします。 さて、彼の曲の意識レベルですが、ロック系でありな…

【平成最終日のこぼれ話】モーツァルトの音楽の意識レベル

英才教育によく使われる「モーツァルト」の音楽ですが、彼の音楽はおしなべて意識レベル540という高い数値を保っています。 意識レベル540ってそんなに高いの?と思われるかもしれませんが、スピリチュアルな教え等とは関係なしに作られた作品として意識レベ…

【平成最終日こぼれ話】音楽の意識レベル その1

映画よりも音楽、という方も結構いらっしゃるのではないかと思います。 実は音(音楽)というのは、歌詞よりもその曲の「搬送波」に気をつけなさい、とホーキンズ博士は警告を出しています。 ちなみに筆者は、街中を歩くとき、聞きたくない有線放送などが流…

【平成最終日のこぼれ話】ミッキーマウスの意識レベル(笑)

ホーキンズ博士はこんなお茶目な測定もされていたんですね! ミッキーマウスの意識レベルは… 205 です。 このブログでは、「Truth vs Falsehood」掲載の個別具体的な対象物の意識レベルすべてを掲載しない予定なので、これが読めるのは超ラッキーです。 あと…

【平成最終日のこぼれ話】映画の意識レベル その3

実は…超絶に意識レベルの高い映画が、一つだけホーキンズ博士の著書「Truth vs Falsehood」に紹介されているのです。 それが… 「Big Blue」という映画です。 意識レベル700に計測されています。 700というと相当な数値になります。 芸術作品でもなかなかこの…

【平成最終日のこぼれ話】映画の意識レベル その2

世に配信されている映画のほとんどは、意識レベル400台がせいぜいのようです。 意識レベル400台の映画の一例をご紹介します。 Hamlet(ハムレット) 意識レベル405 It’s a Wonderful Life(素晴らしき哉、人生!) 意識レベル450 Lion King, The(ライオンキ…

【平成最終日のこぼれ話】映画の意識レベル その1

連休中は家でDVDでも…という方もいらっしゃるでしょう。 どうせなら、意識レベルが高くて癒されるものなどいかがでしょうか。 どうしても観たい映画が意識レベル200未満のとき、最終日あたりに意識レベルが高い映画を観てリセットするという方法もあります。…

【平成最終日のこぼれ話】キネシオロジーテスト・オーリングテストの活用方法 3

さて、キネシオロジーテストやオーリングテストを使って、就職を考えている会社がいわゆるブラック企業かどうか調べる方法はないだろうか!? と思われている方もいらっしゃるかもしれません。 理論上は可能です。 そのときのステートメントとしては、 「A社…

【平成最終日のこぼれ話】キネシオロジーテスト・オーリングテストの活用方法 2

今度は、キネシオロジーテスト・オーリングテストの「間違った使い方」をご紹介します。 「私がAさんと交際すると幸せになれます。」 →やりがちな失敗ですが、「幸せ」自体は本人の心の中にあるものであり、外部環境に左右されるものではありません。 なので…

【平成最終日のこぼれ話】キネシオロジーテスト・オーリングテストの活用方法 1

ゴールデンウイーク中にお読みいただくものになりますので、手放しとか内観とかいう重い内容のものよりも軽い内容のものを先に書いてみたいと思います。 キネシオロジーテスト、オーリングテストは、これから購入しようとする不動産との相性の良し悪しをチェ…

令和に向けた当ブログの方針について

実は本日で、「ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集」が一周年を迎えることになりました。 これも皆様のおかげです、と言うべきか、このブログを書くこと自体が筆者の癒しになっております。 最近では筆者個人の実践例もご紹介するようには…

【平成最終日に際しておさらい特集】手放しは、できれば暇なときに。

感情の手放し、という話についてこのブログでは嫌という程? 行ってきました。 これをやり続けると、思い出したくない、忘れてしまいたい記憶がまた違った意味を持って自分に寄り添うようになります。 どこをどう解釈してもネガティブな意味しか持たない記憶…

【平成最終日に際しておさらい特集】意識のマップの意味

このブログで登場する「意識のマップ」は、デヴィッド・ホーキンズ博士が編集した「Map of Scale of Consciousness」を当ブログ筆者が和訳したものになります。 和訳版は他にも多数ありますが、「わかりにくいものをなんとかして分かりやすく」をモットーに…

【平成最終日に際しておさらい特集】エネルギーフィールドがネガティブだと、問題が発生しやすくなる。

スピリチュアルな教えの中には「トラブルも歓迎すべきだ」「嫌なことから逃げてはいけない(というか甘受しなさい)」という趣旨の教えも結構見受けられます。 まあ言いたいことはわかるのですが、いつまでもいつまでも同じ内容のトラブルを繰り返しているの…

【平成最終日に際しておさらい特集】自分の感情はエネルギーフィールドを反映している。

自分の感情は、エネルギーフィールドを反映しています。 感情の内容がネガティブな方向だと、エネルギーフィールドはネガティブなものになってしまっている、ということです。 早見表として意識のマップが役に立ちますから何度でも見ていってください↓ 何か…

【平成最終日に際しておさらい特集】エネルギーフィールドと貧困

昨今、日本における貧困が問題となっており、先日見たネットニュースではなんと20歳の男性が家賃滞納のうえ部屋の中で餓死していたという記事を目にしました。 こういうニュースが出るたびに出てくるのがいわゆる自己責任論、「親が援助すれば」とか「人手…

【平成最終日に際しておさらい特集】エネルギーフィールドについて

エネルギーフィールドという言葉をこのブログではよく使いますが、日本語に直すと「力の場」、いわば「磁場」という表現がかなり近いと思われます。 我々その他森羅万象あらゆるものが出現する出自というのは、「非線形領域」と呼ばれる、目には見えない磁場…

【平成最終日に際しておさらい特集】オーリングテスト

さて、キネシオロジーテストに関して、かねてからやろうと思っていた詳細な説明をさせていただきました。 miyagilso.hateblo.jp miyagilso.hateblo.jp miyagilso.hateblo.jp これでも、お読みの方に100パーセント伝わるわけでもないのですが…、参考にして…

【平成最終日に際しておさらい特集】キネシオロジーテスト その3

その1・その2 で、キネシオロジーテストの基本的なやり方をご紹介しました。 その他細かい注意点があります。 キネシオロジーテストは、未来のことには使えません。 どうしても答えが安定しないとき、「胸腺たたき」を実行しましょう。気のエネルギーバラ…

【平成最終日に際しておさらい特集】キネシオロジーテスト その2

キネシオロジーテストについて 続きになります。 前回記事では、 キネシオロジーテストは、2人1組であること。 両者とも意識レベル200以上の状態にあること。(どちらか、あるいは両者とも何か心配事を抱えているとか体調不良であるとかいう場合には即座に…

【平成最終日に際しておさらい特集】キネシオロジーテスト その1

本日は平成最終日ということで、これまで本ブログでご紹介した内容の振り返りや、映画等の意識レベルを中心にご紹介していきたいと思います。 第1回目は、結構質問が多い「キネシオロジーテスト」です。 キネシオロジーテストに特に道具は必要ありませんが…