ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

エゴの罠

夢のような展開を信じたい心理とは

ホーキンズ博士の著書「Letting Go」最終章の問答集に、なぜ手放しとサレンダーを学ぶ必要があるのか? という疑問についてこういう答えが載っています。 「サレンダーはマインドの自然な心理的テクニックであるので本来はわざわざ心がけなくてもできるはず……

恐怖と金儲けと手放し

ホーキンズ博士の著書「Letting Go」にある問答集から抜粋したものをご紹介します。 Q. 恐怖と不安が私の財政的成功のベースになっていると自分では思っているのだが、その恐怖や不安を手放してしまったら、私の収入に悪影響が出るのではないか? A. 低レベ…

ネガティブな感情は、身体を破壊する。

今回はもう、ズバリ、そのものって話をします。 ネガティブな感情思考はそれ自体が身体を破壊してしまいます。 これはホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」という著書の第2章に紹介されています。 和訳(意訳含む)した上で若干引用します。 無意…

傲慢さ の 最大の弱点

前回記事についての補足も含めて、おそらく世界でかなりの影響力を持つと思われる「傲慢さ」というレベルについてご紹介します。 ネガティブ性の中では一番エネルギーが高く、かつ、人を育てず破壊する方向にエネルギーの方向性が向いています。 歴史を見て…

罪悪感があるから、悪いことをしないようにするんじゃないの?

ホーキンズ博士の著書「Letting Go」の中には、手放しに関する疑問とそれに対する答えがいくつか掲載されているのですが、多くの方が懸念されるような質問も取り上げられています。 「罪悪感を手放してしまったら、非道徳的なことをしでかしそうなきがするが…

自分の子供にネガティブな感情を感じるとき

児童虐待とその結果子供が死亡するというニュースは後を絶ちませんが、暴力をふるうときの親の感情は様々なものがあると思われます。 もっとも筆者は、どちらかというと「虐待される側」(肉体的だけでなく精神的に)であり、死なないでここまでこれたという…

悪いのは、宝くじそのものではなく…

ホーキンズ博士の著書「Letting Go」のご紹介は一通り終えておりまして、現在、次のネタを開拓中なのであります。 次回候補は「Healing and Recovery」という本に内定しております。 さて、夢を求めて?宝くじや競馬等ギャンブルをされる方は多いと思います…

スピリチュアルをやっているのに怒りを感じるときは

何年も霊的な道を(宗教に入るとかスピリチュアルを勉強して実践しているとか)歩んでいるのになぜネガティブな感情を経験するのでしょうか? という質問に対する答えが、ホーキンズ博士の著書「Letting Go」に掲載されています。 この問いに対する答えとし…

手放しとサレンダーの障害

手放しをする作業の最初の過程では、以下の障害が出てくることがあるようです。 内側の反乱。特に、感情を持っている(た)ことへの反発。 出てきた感情への嫌悪。 その感情に対処しなければならないという恐怖心。 手放しを開始すると、一時的に状況が悪化…

「昔はこうだった」の罠

意識レベル100〜199の状態においては、「他者を打ち負かしてでも…同業他者を押しのけ、顧客には迷惑をかけてでも自分(たち)が利益を獲る」という姿勢が根底にあります。 この領域は、本日はあまり詳しく書かないことにしますが、意識レベル100以下の領域も…

ネガティブな感情の基本形式

すべてのネガティブな感情は、基本的には恐怖の形式をとるといわれています。 高レベルの霊的な教えの一つ、「奇跡のコース」では、「恐怖か愛しかない」というくらいです。 ホーキンズ博士も、ネガティブな感情の基本形は恐怖の形式だと言っています。 自分…

エゴの抵抗

ネガティブな感情を手放すという内容についてこのブログで取り上げておりますが、ネガティブな感情を手放すのが結構難儀することがあります。 手放しの前に発生するのは、エゴによる抵抗です。 ネガティブな感情の大元はエゴです。 自分の産物であるものを手…

ネガティブな感情を探す前に。

ネガティブな感情とは人間固有のもの…と思われがちですが、ホーキンズ博士は、「ネガティブな感情は我々の本当の内なる自己ではない」と言っています。 これは安心できる材料ではないかなと思われます。 博士曰く、 「ネガティブな感情というものは、人間で…

好かれたいと思うから、嫌われてしまう。

前回記事で、恐怖と人間関係 をテーマにした記事をアップしましたが、筆者も最近にたようなことを経験しましたのでご紹介します。 筆者はコンサルティング会社「株式会社みやぎLSO」という会社を経営しており、他の企業様とコラボすることもよくあるのですが…

直観の重要性とマインドの罠

世の中で「成功を収めた人物」のインタビューや伝記を読むと、その物事に携わるきっかけに「直観」(第六感に近い意味)が働いていることが多いです。 「このことをやらなければ、とひらめいた」というような。 第六感の重要性は、スピリチュアルに携わる方…