ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

スピリチュアル実験の感想

恩人とキネシオロジーテスト

前回記事でご紹介した倉富健翠先生ですが、オーリングテストを実践していただくことができます。 オーリングテストは、このブログでも真偽測定の手段として紹介しているキネシオロジーテストの代わりとなります。 キネシオロジーテストないしはオーリングテ…

恩人のご紹介

筆者は長いこと両親からも本当に愛情を受けたのか甚だ疑問な日々を送り、また両親の「他人に意地悪をする(というと語弊があるが、相手の置かれた状況を一切考慮しない性格であることは確か)」性質を、それこそ無邪気で無知な状態のうちにそっくりそのまま…

意識レベルについて:「悲しみ」 その7−2 行動と感情は別個に考えること

前回記事において、清貧がよいわけではないとか執着はダメで非執着がよいとかいう話をし出したところで混乱されている方が出てきているのではないかと思うのです。 かくいう筆者も、当初、執着と非執着と離脱の話を出されたときは混乱というより訳がわからな…

意識レベルについて:「悲しみ」 その2−2 高級車販売店の意識レベル

これは筆者の主観的体験ですのではじめにお断りしておきます。 意識レベル200未満(特に125〜199)のレベルにある人々がこだわる物事の一つに、「周囲から羨ましがられる物品を所持すること」があります。 この本質的な理由は、「承認欲求」です。 その高級…

簡単にできるスピリチュアルワーク:スマッジング

現時点でどの記事が一番注目を集めているのか? という点については筆者も参考にすることがあります。 で、本日時点で注目を集めている記事はというと… どれもほとんどがカンタン実践系の記事です。 そこですかいomg でもまあ、入り口としてはいいんじゃない…

スピリチュアル実践:ネガティブ性を排除しまくった結果

以前、筆者が高額コンサルに騙された?やられた?話をご紹介しました。 miyagilso.hateblo.jp 実はおとといくらい、この高額コンサルの主催者からまたメールが来たのです。 簡単に言えば、「もう一回コンサルに申し込みしませんか」という話です。 するわけ…

許しの実践:筆者と両親編

筆者は数年前までは家族を中心として人間関係に非常にストレスを感じており、それこそ「怒りの坩堝」の中で生きてきたわけですが、仙台に自宅も職場も移してからはそういう現象は激減しました。 怒りを感じるといえば、前回・前々回記事でもご紹介しましたが…

エゴの罠 実践編:縁を切った両親(番外・父親編)

前回記事で母親との絶縁の経緯についてご紹介した筆者でしたが、では父親は…? という疑問が出てきそうかなと思われるので、記事にするレベルですらないほど低次元ではありますが一応ご紹介します。 父親は、筆者が学校などになじめないときは(筆者の事情も…

エゴの罠 実践編:縁を切った両親(母親編)

筆者はモラハラ両親とはすでに縁を切ったつもりではいますが、自分のエネルギーフィールドが落ちているとき、まだ生きている母親から連絡が来ることがあります。 幼い頃の筆者にとって母親は「唯一の理解者」だと錯覚していましたが、無知な筆者のマインドが…

人間は1日に6万通りの思考をするとすら言われる。いちいち相手にしていたら疲れる(笑)

前回記事の関連としまして、人間は、スピリチュアルなワークを一切意識しないでそのままでいると、1日に6万もの思考を自動的に生み出すようになっていると言われています。 6万通りも考えられるわけねぇだろ、と言われるかもしれませんが、意識していない…

【平成最終日のこぼれ話】車の意識レベルと芸術性

筆者はどうも「車が好き」と思われているようでして…実はこのことについては筆者は否定も肯定もしていないのです。(要は自分ではさほど車が好きというほどではない、と思っているということ) 確かに、以前はメルセデスベンツを所有しており、現在はジャガ…

【平成最終日のこぼれ話】キネシオロジーテスト・オーリングテストの活用方法 1

ゴールデンウイーク中にお読みいただくものになりますので、手放しとか内観とかいう重い内容のものよりも軽い内容のものを先に書いてみたいと思います。 キネシオロジーテスト、オーリングテストは、これから購入しようとする不動産との相性の良し悪しをチェ…

【平成最終日に際しておさらい特集】手放しは、できれば暇なときに。

感情の手放し、という話についてこのブログでは嫌という程? 行ってきました。 これをやり続けると、思い出したくない、忘れてしまいたい記憶がまた違った意味を持って自分に寄り添うようになります。 どこをどう解釈してもネガティブな意味しか持たない記憶…

うさんくさいスピリチュアルな話を見破るために

このブログを「スピリチュアル」で検索した方の中には、読んでいて違和感を感じた方もいらっしゃるかもしれません。 スピリチュアルっていうのは、観音様とか天使様とかとお話しすることとか、そのお姿を見たり人の前世や未来を見たりオーラを見たり、自分の…

「底を打つ」と助けが現れる。

能力がある人ほど困難な状況にあっても「なんとかなるはずだ」ともがこうとしますが、努力することと「現状を否定する」ことには違いがある、という重要事項を見落とさないことは大切です。 また、手放すことと「何もかも放棄して諦める」ことも違います。 …

ネガティブをポジティブで上書きする、という手放し方

毎日ストレスだらけで働いていた方々も今はどこかお出かけだったりあるいはおうちでのんびりだったり、はたまた、自分は仕事だ!! ゴールデンウイークなど都市伝説だ!! という方もいらっしゃるでしょう。 集合想念も結構複雑な感じはしています。 さて、…

エゴと信念体系と人生 その1

先日ネットニュースを見ていて、過去に不倫騒動のために一時期活動を自粛した元モーニング娘。のメンバー(って、この時点で個人が特定できてしまうのですが…)のコラムを見つけました。 あの騒動はだいぶ前な気がするのですが、未だに叩かれるのですね… 彼…

住む場所のエネルギーは非常に大切。

筆者が仙台に移転を決めたのは3年前の今頃になるわけでして、それからもかなり紆余曲折があったわけですが、低次元アストラル的な人間関係を含めすべて排除してから穏やかな毎日となりました。 旧地域にいたときは楽しめる場所がない、というよりも、車で高…

「心がときめく」の意識レベルはいくらくらいか?

片付けで有名な「こんまり」さん、最近ではアメリカで大人気なんだそうですね。 素晴らしいです! 同じ日本人としてアメリカに一矢報い…おっとっと、ぜひ頑張っていただきたいところです。 さて、こんまりさんがいう「心がときめくものだけを残そう」という…

自分を大事にする。それが、他人に対する接し方につながるから。

ホーキンズ博士は「まずは自分自身を大事にせよ」と教えています。 大事にせよ、というのは、甘やかせという意味ではありません。 自分を否定しない、批判しない、罪悪感は手放す。 そういうことです。 一説によれば、自己批判、自己卑下、罪悪感を抱いてい…

刷り込みの「被害」とそこから抜け出すまで。

世の中には各種「成功法則」とか「霊的真理」とか、あるいは「スピリチュアル」とか…、これを売り物にする人々も多く存在します。 現代では、これを「金になるから」と、自分自身の霊的成長はさておき魅惑的なキャッチコピーを作ることに腐心し肝心の「真実…

「いい気分」でいることで望むものが手に入る…本気にしてますか?

昨今のスピリチュアルな教えの中に、 「いい気分でいることで望むものが手に入ります」 と断言?しているものが多数見受けられるようになりました。 これは確かにホーキンズ博士も同じことは言っているんです。 自分自身のエネルギーをポジティブなものにし…

好かれたいと思うから、嫌われてしまう。

前回記事で、恐怖と人間関係 をテーマにした記事をアップしましたが、筆者も最近にたようなことを経験しましたのでご紹介します。 筆者はコンサルティング会社「株式会社みやぎLSO」という会社を経営しており、他の企業様とコラボすることもよくあるのですが…

ブログLSOスピンオフで人気が高い記事

このブログをスマートフォンで見ると「注目記事」というランキング?が表示されます。 これ、実は、このブログのアクセス数トップにあがる記事でもあるみたいです。 その5記事に共通する事項は、「日常生活で馴染みやすいメソッド」を紹介している、という…

「運命の人」なんて、いません。

運命の人とかソウル○イトとかツイン○ウルとかクリスタルうんたらとかインディゴうんたらとか(ry 信じている方々。 そんなもの、霊的真理に存在しませんぞー!!! (^^; 上記のような考えは低次元アストラルへの入り口みたいなもので、ホーキンズ博士は、「…

手放す前に、認識しなければならない。

ここのところ、「感情の手放し」を主題としてこのブログを書いておりますが、ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」の第2章に以下のような趣旨の記載がありましたのでご紹介します。 我々は、(もろもろの信念体系や感情など、それをはっきり見据え…

自分を責めるとろくなことがない

筆者の手元にはデヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書「Letting Go」の記述についてまとめたノートがあり、ちょうど100ページ弱の大学ノート2冊程度になっているのですが、今パラパラとめくってみたらこんなメモが出てきました。 自分を責めるとそれが世界に…

「我々は敵を特定している。それは我々である」

前回記事において、サレンダーを阻む最大の要素はエゴとマインドだという話をさせていただきました。 手放しを行うということは人生の方向性を1度動かしただけ…にすぎないように本人には見えるのですが、その状態で進み続ければ大きな差となります。 自分た…

ある思いに囚われたら、感じきり、手放す。

ホーキンズ博士は著書「Letting Go」の中で一貫して「感情を感じきり(味わい尽くし)手放せ」と言っています。 これは筆者が高校生のときあたりから実感していたことと一致しているのです。 「誰か」に会いたい、パートナーがほしい、このことがこうなれば…

自分の感情の出処を検証するのは時間の無駄

このブログで主にご紹介しているスピリチュアルなメソッドは、アメリカの霊的教師であり精神科医でもあるデヴィッド・R・ホーキンズ博士の講義や著書にならっています。 (一般的なスピリチュアルメソッドに親しみがある方からしたら「この内容、スピリチュ…