ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

スピリチュアル実験の感想

住む場所のエネルギーは非常に大切。

筆者が仙台に移転を決めたのは3年前の今頃になるわけでして、それからもかなり紆余曲折があったわけですが、低次元アストラル的な人間関係を含めすべて排除してから穏やかな毎日となりました。 旧地域にいたときは楽しめる場所がない、というよりも、車で高…

「心がときめく」の意識レベルはいくらくらいか?

片付けで有名な「こんまり」さん、最近ではアメリカで大人気なんだそうですね。 素晴らしいです! 同じ日本人としてアメリカに一矢報い…おっとっと、ぜひ頑張っていただきたいところです。 さて、こんまりさんがいう「心がときめくものだけを残そう」という…

自分を大事にする。それが、他人に対する接し方につながるから。

ホーキンズ博士は「まずは自分自身を大事にせよ」と教えています。 大事にせよ、というのは、甘やかせという意味ではありません。 自分を否定しない、批判しない、罪悪感は手放す。 そういうことです。 一説によれば、自己批判、自己卑下、罪悪感を抱いてい…

刷り込みの「被害」とそこから抜け出すまで。

世の中には各種「成功法則」とか「霊的真理」とか、あるいは「スピリチュアル」とか…、これを売り物にする人々も多く存在します。 現代では、これを「金になるから」と、自分自身の霊的成長はさておき魅惑的なキャッチコピーを作ることに腐心し肝心の「真実…

「いい気分」でいることで望むものが手に入る…本気にしてますか?

昨今のスピリチュアルな教えの中に、 「いい気分でいることで望むものが手に入ります」 と断言?しているものが多数見受けられるようになりました。 これは確かにホーキンズ博士も同じことは言っているんです。 自分自身のエネルギーをポジティブなものにし…

好かれたいと思うから、嫌われてしまう。

前回記事で、恐怖と人間関係 をテーマにした記事をアップしましたが、筆者も最近にたようなことを経験しましたのでご紹介します。 筆者はコンサルティング会社「株式会社みやぎLSO」という会社を経営しており、他の企業様とコラボすることもよくあるのですが…

ブログLSOスピンオフで人気が高い記事

このブログをスマートフォンで見ると「注目記事」というランキング?が表示されます。 これ、実は、このブログのアクセス数トップにあがる記事でもあるみたいです。 その5記事に共通する事項は、「日常生活で馴染みやすいメソッド」を紹介している、という…

「運命の人」なんて、いません。

運命の人とかソウル○イトとかツイン○ウルとかクリスタルうんたらとかインディゴうんたらとか(ry 信じている方々。 そんなもの、霊的真理に存在しませんぞー!!! (^^; 上記のような考えは低次元アストラルへの入り口みたいなもので、ホーキンズ博士は、「…

手放す前に、認識しなければならない。

ここのところ、「感情の手放し」を主題としてこのブログを書いておりますが、ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」の第2章に以下のような趣旨の記載がありましたのでご紹介します。 我々は、(もろもろの信念体系や感情など、それをはっきり見据え…

自分を責めるとろくなことがない

筆者の手元にはデヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書「Letting Go」の記述についてまとめたノートがあり、ちょうど100ページ弱の大学ノート2冊程度になっているのですが、今パラパラとめくってみたらこんなメモが出てきました。 自分を責めるとそれが世界に…

「我々は敵を特定している。それは我々である」

前回記事において、サレンダーを阻む最大の要素はエゴとマインドだという話をさせていただきました。 手放しを行うということは人生の方向性を1度動かしただけ…にすぎないように本人には見えるのですが、その状態で進み続ければ大きな差となります。 自分た…

ある思いに囚われたら、感じきり、手放す。

ホーキンズ博士は著書「Letting Go」の中で一貫して「感情を感じきり(味わい尽くし)手放せ」と言っています。 これは筆者が高校生のときあたりから実感していたことと一致しているのです。 「誰か」に会いたい、パートナーがほしい、このことがこうなれば…

自分の感情の出処を検証するのは時間の無駄

このブログで主にご紹介しているスピリチュアルなメソッドは、アメリカの霊的教師であり精神科医でもあるデヴィッド・R・ホーキンズ博士の講義や著書にならっています。 (一般的なスピリチュアルメソッドに親しみがある方からしたら「この内容、スピリチュ…

無気力と、憂鬱 その9番外編 手放しをやってみた

現在、日曜日の夜です。 明日からお仕事、という方も結構多いと思います。 さて、今もし、 「明日の仕事or学校、行くの嫌だなあ」 と、なんとなく 感じていたとしたら、 ぜひこの記事を読んでみてください。 このとき、具体的に何が嫌だーと思っているのか、…

補助ツールについて補足

弊社でも強力な補助ツールを 使用して年商を3~4倍にしたという 事実もありますので 「使うな」とは言いにくいのですが、 最終的にはそれも手放すつもりでいるのが無難です。 弊社でも「補助ツール」を お客様に積極的に提供していた時期がありました。 し…