ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

仕事とスピリチュアル

ビジネスで成功することとスピリチュアルは切り離して考えること。

スピリチュアル、あるいは宗教の中には、 「お金を持ってはいけない」 「ビジネスで成功してはいけない」 という教えを信者(?)に刷り込んでいるものが時折目に付きます。 これは、真に受けなくて結構です。 ホーキンズ博士は、著書「Healing and Recovery…

思い込みを塗り替える方法:老化編

前回、前々回の記事にて、信念体系が老化に及ぼす影響についてご紹介しました。 「自分には価値がない」と思いつつこの世を去るのは悲しいことです。 もしかすると、その思い込みこそが、老後のトラブルを呼び起こしているのかもしれません。 ホーキンズ博士…

老け込むケース:女性の場合

前回記事では、仕事を退職(特に定年退職)した人が老け込んでしまう信念体系を例にとりました。 miyagilso.hateblo.jp ホーキンズ博士はこれ以外にも、女性が子育てを終えた場合についても紹介していますので、著書「Healing and Recovery」から引用します…

「退職した。人生終わった」…と思わないほうがいいかも。

ホーキンズ博士は著書「Healing and Recovery」において、老化について一章を使って解説しています。 これについても健康と病気の取り扱いと同じく、信念体系を手放すことが重要です。 そして、人生の選択肢は親や学校や周囲が決めるものではなく、我々一人…

「秘密の報酬」と現実の苦しみを天秤にかけたとき、どのような結論になるか。

ネガティブな感情や信念体系を手放すことが大きな利益になるという話をこのブログでは繰り返し書いているわけですが、実際に実行しようとすると意外と自分の中で抵抗があるな…と感じた方は多いのではないかと思います。 これこそがエゴの仕掛けてくる罠です…

なぜ、感情を手放す必要があるのか?

ビジネスの観点からになってしまいますが、タイトルの疑問について説明します。 (もちろん、ホーキンズ博士の著書からにはなりますが) 著書「Letting Go」の中で、手放しを使ってビジネスの成功を得た会計士の例をご紹介します。 彼もまた手放しとサレンダ…

「昔はこうだった」の罠

意識レベル100〜199の状態においては、「他者を打ち負かしてでも…同業他者を押しのけ、顧客には迷惑をかけてでも自分(たち)が利益を獲る」という姿勢が根底にあります。 この領域は、本日はあまり詳しく書かないことにしますが、意識レベル100以下の領域も…

不可能に見える状況をどう打開するか

生きていると「こりゃどう考えても無理でしょ」な状況に遭遇することは多いです。 ホーキンズ博士の著書「Letting Go」には、絵画販売の仕事についていた女性の例を紹介しています。 その女性は長いこと売上が低迷しており、その期間は数週間にも及びました…

感情とビジネスの能力 意識レベル200以上の場合

意識レベル200以上の領域にある場合の、ビジネス能力についてのお話です。 意識レベル200以上の領域が象徴するものは、勇気、受容、愛の感情に基づく平和のレベルです。 集中力もマックスの状態になります。 そのため、相手方の話に注意深く耳を傾けるように…

感情とビジネスの能力 意識レベル100〜199の場合

前回記事においては、感情の意識レベルがビジネスに及ぼす影響ということで、意識レベル100以下の領域にある場合の話をさせていただきました。 ビジネスの現場において一番パワフルに見える・目に映る のは、実はこの、意識レベル100〜199の領域にある人々か…

感情とビジネスの能力 意識レベル100以下の場合

ホーキンズ博士はスピリチュアルな話を常に展開していながら、それを実生活(ビジネスを含む)にも落とし込んだ話をよくしています。 著書「Letting Go」においても例外ではありません。 その著書の中に、「感情と販売能力」という話題が取り上げられていま…

霊的成長には、「師匠」が必要不可欠である。

ちょっと横槍的な話題になりますが、霊的、といいますか本当の意味でスピリットを磨き上げたいのであれば、師匠が必要です。 これは、ブッダも同様の話を述べています。 また、昨今の霊的なマスターはほぼ口を揃えて「自分一人で霊的成長ができると思うな」…

仕事に関するポジティブな感情と結果

仕事に関するポジティブな感情とは、喜び、幸福、安全といったものが代表的になります。 仕事に関するポジティブな感情は、本人が関わる事象・状況・問題に関係なく、「私(たち)には(その仕事が)できる」という考えにつながります。 先日の記事の、ネガ…

嫉妬を手放せ

嫉妬という感情は人間のネガティブな感情の中でもかなり厄介な部類です。 抱いている張本人も苦しくて仕方がないし、向けられた方も不快極まりないものです。 今回は仕事の分野に関連して嫉妬のことを紹介していますが、恋愛などで発生する嫉妬にも、似たよ…

成功を妨げるネガティブな感情とは何か

プロフェッショナルとしての人生を成功させたい、と思った時に、それを妨害する感情の最たるものが「羨望」と「嫉妬」です。 しかしビジネスの世界には羨望も嫉妬も遍く存在しております。 ホーキンズ博士は、羨望や嫉妬という感情が持つ根底の目的として、…

仕事に関するネガティブな感情について

仕事に関するネガティブな感情は、 本人が関わる事象・状況・問題に関係なく、 「私にはできない」「我々には無理」につながる思考&狂想を焚きつけてきます。 そして、仕事に関するネガティブな感情は、 我々が見るもの、聞くもの、考えるもの、覚えるもの…