ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

恐怖(LOC.100)

5/28登戸殺傷事件に寄せて

28日に、登校用バスを待っていた児童の集団を通り魔が襲い多数の死傷者が出るという痛ましい事件が発生しました。 まずは犠牲になられた方にお悔やみ申し上げるとともに、負傷された方々にはお見舞い申し上げます。 さて、「誰かを殺して自分も死ぬ」的な…

恐怖を扱う方法 その1

筆者は現在とあるご婦人に会うたび身体の倦怠感(ついでにいうと風邪をひいてしまったようです…)を感じており、各種手放しテクニックも効力があるのかないのかよくわからない状態だったのですが、内観をしているうちに、その倦怠感を引き起こしているのが「…

恐怖の原因は自分自身にある。周囲のせいにしないこと。

10連休後半に入りましたが、筆者は、もう連休に飽きてしまってこっそり仕事を再開してしまいました。 そのため、祝日に挟まれているだけの「5月2日」分の更新は省略し、本来の祝日の分のみ更新することにしました。 何卒ご了承ください。 さて、人間の恐…

種類は違えど、恐怖のエネルギーは一つである。

エネルギーとかパワーとかいう話をすると、スピリチュアルを勉強されている方からは「それはなんていう名前のエネルギー(パワー)ですか」という質問を食らうことがあります。 しかしそういう名前付けに労力を費やすのは霊的成長の邪魔になります。 例えば…

恐怖を手放さなければならないのはなぜか?

恐怖の感情をはじめとしたネガティブな感情をそのまま抱えているも手放すも自分次第ではありますが、認識しないままそのままにしていると自分の生活が転落してしまう可能性がとても高くなります。 「マインドにとどめられたことは現実化しやすい」からです。…

不安のエネルギーは無限に散らばっている。

連休明けたら自分の生活はどうなっちゃうんだろう…と【心配】されている方もいらっしゃるかもしれません。 10連休は長すぎると思っていましたが気がついたらもう折り返し地点です。 そして、今日から新しい時代となりました。 そんなおめでたい日に取り上…

低血糖症が不安を呼び、やがてはアルコールを呼ぶ

体内の血糖コントロールがうまくいかなくなると身体的にも衰弱や失神を引き起こす原因となり、また精神面では不安その他ネガティブな感情が増大する原因になります。 それがひいては(その苦しみを抑えるために)アルコールや鎮痛剤を求める状態に陥れてしま…

糖質過多は不安を助長させる(博士談)

さてこれから、ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」より、「心配・恐れ・不安」に対処する方法についてご紹介していきます。 恐怖というエネルギーは意識レベル100であり、これが象徴するものが不安や心配というわけです。 人間は、おそらく生涯を…

ネガティブな人が悪いのではない。そこから離れればよいだけ。

ホーキンズの著書「Healing and Recovery」の中から、ネガティブ性に関する部分をご紹介させていただきました。 「あーいるいる!! こういう人!!」と納得されている方もいらっしゃるかもしれませんが、一つ注意しておきたいことがあります。 その人そのも…

人間の感情の最大の脅威。「恐怖」が表すエネルギー。

恐怖の感情は世界の大部分を占領しており、すべての人生において非常に重要な役割を果たしています。 恐怖の意識レベルは100。 ネガティブの部類です。 そして、ここから上が、未来に関係するものになります。 恥、罪悪感、無気力無関心、悲しみは過去に…

仕事で認めてもらえないとき

すべての人間は皆、霊的に、直観的レベルで全員繋がっています。 嫌だと言おうが何しようがこれは動かしようがない事実です。 筆者も、繋がりたくない方が何人か(というか何人も)いますがw、これはやむを得ないと受け入れています。 内側に隠している感情…

最悪の事態、発生しちゃうかも

これをご覧の皆様にとっての「最悪の事態」とは何でしょうか。 お金がなくなること? パートナー・家族がいなくなること? 事件や事故に巻き込まれること? 家や職場がなくなること? 病気になること? ホーキンズ博士いわく、その根底にある恐怖を見つめる…

恐怖・その心は…諸悪の根源!?

人間の恐怖というものは「生存」に直結しているため、手放すのがかなり難しい類にはなってきます。 しかし、恐怖という感情は他のネガティブな感情よりも非常に強力でして、恐怖を念頭に置いているとその恐怖が現実のものになってしまいます。 恐怖のエネル…

恐怖 その7 我々は踊らされてるだけ

にわかには信じがたい話と思われますが、 真実のスピリチュアルにおいては、行動自体に 良い悪いは存在しないと言われています。 (とはいえ博士の本をよく読むと、 「避けたほうがいい行動」というものも 出てくるのですが) 仕事ひとつとっても、恐怖や罪…

恐怖 その6 自己肯定感の上げ方

ホーキンズ博士の本「Letting Go」の中に、 罪悪感と恐怖、それらに付随するエネルギーを放棄すると 何が起きるのか、このように記してあります。 自分自身を愛する能力が表に出てくる 自尊心(傲慢さではなく、自己肯定感のこと)が向上する 他者を愛する能…

恐怖 その5 人間の本質

前回記事で言いたかったことを要約すると、 「人間は生まれつきイノセンス・無知な存在であり、 それゆえ善悪の区別がつかずにネガティブな信念=考え方を 正しいものだと信じ込んで受け入れてしまう」 となります。 ※本来、いいも悪いもないんですが、 あえ…

恐怖 その4 罪悪感など、ゴミだ!

前回記事で罪悪感と恐怖の話をご紹介しました。 簡単に申し上げると、罪悪感と恐怖には深い関係があるという話です。 罪悪感をどうやって解決するのか。 罪悪感は、意識しないままでは解決不可能です。 自分を罰するのが罪悪感の目的(エゴがそうさせている…

恐怖 その3 恐怖と罪悪感

ホーキンズ博士は、著書「Letting Go」の中で、 「人生すべての領域で病気や失敗をもたらすのは 恐怖と罪悪感である」 と紹介しています。 人間は、恐怖を手放してしまうと自分が弱くなってしまう というふうに信じ込んでいるケースがほとんどですが 実際に…

恐怖 その2 なぜ、恐怖を感じるのか?

恐怖という感情感覚を「一切感じたことがない」という方は まずいないと思われます。 「俺は恐怖なんか感じたことがないぞ!!」という方も いらっしゃるかもしれませんが、それは気がついていないか 覚えていないだけです(笑) なぜ、恐怖は広範囲に及ぶの…

恐怖 その1 広範にわたる恐怖の範囲

ホーキンズ博士はネガティブな感情の代表格として 「恐怖」を挙げており、 その意識レベルは100です。 自力で活動できるかできないかの限界が 意識レベル100といってもいいかもしれません。 意識レベルが2ケタ台になると自力で活動ができない レベル…