ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

癒しと回復

自分の健康もまた、エネルギーフィールドの影響を受ける。

おかげさまでこのブログもおよそ1年、ほとんど宣伝もしていないのに1万アクセスになりました。 ありがとうございます。 何かお礼を…と考えていますが、(時間はかかりますが)おそらくこのブログの内容を体系別にまとめたPDFを作って配布しようかと考えて…

ストレスについてのまとめ:ストレスに強くなるには

ストレスの発生源は自分のマインドの中(特に信念体系・常日頃思っていること)の中にあり、それを形成しているのはエネルギーフィールドだという話をさせていただきました。 エネルギーフィールドは自分自身の常日頃思っていること=信念体系により引き寄せ…

ストレスは、予期せぬ出来事によっても感じることがある。

想定外の出来事に出くわしてストレスを感じる、という経験は誰しも一度や二度はあると思われます。 ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」の中にも「そういうことがある」とした上で、どうすればよいかというと… オープンマインドな人であれば、 「…

ストレスの基本原則。

まあ当たり前の話ではありますが、ストレスというのは 「自分が望まない特定の刺激/状況が発生しているときに経験する」 ようにできています。 たとえば、ヘビーメタルロックの意識レベルは200未満でありネガティブな領域に入りますが、これを聴いて楽しん…

ストレスを軽減する対応方法とは、意識レベルの高い対応方法をとることである。

一般の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、商売をやっている人間にとって、「税務署が調査に来る」というのは結構な恐怖です。 税金をたくさん持って行かれるかもしれない。 何かあれこれと指摘を受けそうな気がする。 というか何かあったらものすご…

ストレスは、ものの見方によって変わる。自分の状態をよく見ること。

ホーキンズ博士は著書「Healing and Recovery」の中でストレスとその対処法について一章を使って説明しており、その中で、博士がキトに出張に行った時のことをこう紹介しています。 キトから帰ろうとしたとき、木曜日キト発のはずの飛行機が予定を過ぎても飛…

ストレスとスピリチュアル

世の中ストレスだらけ、だから「アロマやりましょう」とか「マッサージやりましょう」とかあるいは「週末に海とか山とかに出かけよう」とかいう話には枚挙にいとまがありません。 今週から何話かにわけて、ストレスについてホーキンズ博士がどう考えているか…

3.11に寄せて:なぜ、生きるのか。

東日本大震災の被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げます。 筆者は8年前の今日、現在の事務所の一つ前のところに移転してから初めて仕事がない1日となったため、午前中から事務所中を磨いていたところ…

人間の内側は、子供の如く無邪気である。

前回記事において、手放すべきネガティブな信念体系というものがどこから来るのかについてご紹介しました。 miyagilso.hateblo.jp 宗教の中には、そうしたものを「汚れ」と定義し、汚れた時点で人間は地獄行きですよ なんていう身も蓋もないことを平気で言っ…

ネガティブな信念体系は、どこから来るのか?

このブログでは、かなりしつこく「ネガティブな信念体系=思い込みを手放せ」とご紹介しています。 そもそも、そのネガティブな信念体系とはどこから来るのか? 同じ学校に通い、同じ職場に勤めていても、人によってものの見方は大きく変わります。 これはあ…

病気と健康とスピリチュアル

「病は気から」なんて書いてしまうとお医者様に怒られてしまうのかもしれません。 しかしアメリカで精神科医でもあったホーキンズ博士は、病気の大元として、 「病気とは、マインドに留められていたネガティブな信念体系が表面化したものである」 としていま…

ネガティブな感情を手放した空き地に愛を置く。

ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」には、どうしたら癒しが起きるのかについてこう書かれています。 「意識レベル540以上の領域に自分を置くことで自動的に自分自身が癒される。」 「愛のある考えが自分自身を癒し、ネガティブな考えは病気を作り…

どうしても、許しと思いやりを実践できないとき

前回記事にて、自分を高いエネルギーフィールドに置く方法をご紹介しました。 この記事です。 miyagilso.hateblo.jp 要は、悲しみのエネルギーフィールドに浸かっているとき、そのときは外にいても新聞やテレビを見ても悲しみの視点からしかものを見ることが…

感じること、世界観、人生観の出処

エネルギーフィールドというものは非常に強力であり、そこに「浸かっている」限り、その影響から逃れることはできないようになっています。 エネルギーフィールドについては以下の記事をご覧ください。 miyagilso.hateblo.jp まず、本人の「知覚」、つまりも…

意識レベルが上がる=神を信じる ことではない。

前回記事で、無条件の愛 の話をしました。 このレベルに到達できるのが人類全体の0.4%に過ぎないという話もさせていただきましたが、なんだかここまでくると何か宗教をやったり神を信じたりしないといけないのではないかと思われそうです。 しかしホーキンズ…

本当の「癒し」が起きるレベル。「無条件の愛」の特徴とは。

愛と一口に言ってもいろいろな種類がありますが、一般的に思い浮かべるのは男女の愛、つまり「ロマンス」のことではないかと思われます。 しかしロマンスそれ自体に霊的なレベルでの愛は全くないか、あってもごくわずかです。 そこには人間関係につきまとう…

愛と聞いて、何を思い浮かべますか? 本当は超強力なエネルギー。

さて、もう一つの臨界点(それも大きな)である、愛についてです。 意識レベルは500、超強力なパワーになります。 これまで、ポジティブ性に属する分野のご紹介をしました。 その特徴をまとめると、 善悪の価値判断をしない 養う、人生を支える 感情を(特に…

理屈のわなにご注意。意識レベル400台の「理由・論理・知性」とは。

このブログ初登場のレベル、「知性」についてです。 意識のマップでは、このレベルの名称を「Reason」としており、そのため下記でも「理由」として和訳していますが、要は「学問、知性、理屈の世界」なのです。 意識のマップを再掲します。 実は、学問の大多…

一つの臨界点ともいわれる、「受容」が指し示すものとは。

このブログでも何度か取り上げた「受容」について、非常に重要なレベルになりますので改めて説明します。 ここでいう受容と「受け身」(=意識レベル50〜)とは全く異なるシロモノであることを認識することが重要です。 このレベルの特徴を説明したほうが、…

意志は、うまく使えば強大なパワーを出せる。

今回ご紹介するレベルもまた、本ブログでは初登場となります。 意志(意識レベル310)です。 ポジティブとネガティブの境界線が意識レベル200ですが、この200とか300とかいう数値は「10の200乗」の乗数の部分、つまり対数になっていますので、実際には意識レ…

「中立」とは何か。実は結構パワーのある領域なのだが。

このブログで初めて触れる領域かもしれません。 ホーキンズ博士の著書「Letting Go」にはあまり登場しなかった分野、「中立」についてです。 初登場ですので意識のマップをご覧いただきます。↓ 上記表の真ん中あたりに、「中立」と書いてあるのを見つけまし…

ポジティブ性を重視すべき理由とは?

意識レベル200以上がネガティブとポジティブの境目であり、「臨界点」であるという話を前々回の記事(下記)でさせていただきました。 miyagilso.hateblo.jp 特に意識レベル200はポジティブに上がったばっかりですから、まだ、傲慢さなどのネガティブな感情…

エネルギーフィールドって何?

最近のこのブログに頻繁に登場する言葉「エネルギーフィールド」について若干ご紹介します。 スピリチュアルをかじったことがある方だと「潜在意識」とか「無意識」とかいう言葉を聞いたことはあるかと思いますが、人間の構成要素として以下の3つがあります…

「勇気」が意味する、ポジティブ性への臨界点。

さて、ポジティブ性とネガティブ性の臨界点となるのが意識レベル200であり、それが意味するものは「勇気」となります。 これまでネガティブなエネルギーの話をいくつか(おさらいも含めて)させていただきました。 ネガティブなエネルギーフィールドには、エ…

極めて危険なレベル、「傲慢さ」の正体とは。

ネガティブ性の中で比較的パワーがあるとされている「傲慢さ」ですが、そのエネルギーの性質は極めて危険なものがあります。 まず、うぬぼれ・傲慢さが非常に脆弱であるのは、歴史が示す通りです。 国のリーダーが部下らの助言を嫌がって意見を取り入れなく…

飽くなき欲望のレベルとは?

人間、この世に生まれてきたからには、何か「欲しい」と思ったことは誰しもあるはずです。 筆者も結構物欲はたくさんあります。とはいえ、自分の生活において豊かさを感じることができるものでなければ、入手しようとせずに断捨離してしまいますが。 さてそ…

人間の感情の最大の脅威。「恐怖」が表すエネルギー。

恐怖の感情は世界の大部分を占領しており、すべての人生において非常に重要な役割を果たしています。 恐怖の意識レベルは100。 ネガティブの部類です。 そして、ここから上が、未来に関係するものになります。 恥、罪悪感、無気力無関心、悲しみは過去に…

涙は浄化の力を持つ、というが。「悲しみ」と意識レベルについて。

意識レベル100を切るレベルは自力で生きる力がないとすら言われるレベルでして、この「悲しみ」も意識レベル100未満の領域となります。 それでも、無気力無関心のレベルからすれば、まだマシではあります。 ホーキンズ博士の著書の中に、無気力無関心…

意識のマップ内で「絶望」が表すものとは何か。

意識のマップ最下層に属する感情として、恥と罪悪感についてご紹介しました。 それにかなり近いものが「絶望」になります。 絶望というくらいですからエネルギーレベルは相当低いものとなります。 恥や罪悪感同様、エネルギーはほとんどない(生きていけるレ…

意識のマップの最下層。どんな世界が広がっているのか。

意識のマップ最下層には、「恥」があります。 意識レベルは20、非常に低く、ホーキンズ博士はこれを「死に近い」と表現しています。 その次のレベルである「罪悪感」(意識レベル30)も非常に似た性質を有しています。 このレベルで起きていることとして…