デヴィッド・ホーキンズ博士の教え紹介(一部)のブログ

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

Dissolving the Ego, Realizing the Self

主観性(Subjectivity) その3 2021/3/20

理解(realization)※は「私」がコンテントやデータではなく、いくつかのステップがコンテントないしはプログラム(信念体系)から取り除かれた非個人的な領域であることに気が付いた結果として発生する。そのとき人は自分が参加者あるいは主役ではなく聴衆…

主観性(Subjectivity) その2 2021/3/19

出口はシンプルである。自分の興味関心を、すべての経験の絶対的な主観性の内側へと向けることだ。生命の表現すべてに伴う主観性の感覚の性質を検証せよ。ラベル付けすることなく、それをつねに覚えておくことだ。すべての瞬間において、すべてのタイミング…

主観性(Subjectivity) その1 2021/3/18

客観的な世界がある。「外側」として認識される世界である。形として存在し、時間と空間に統治されている。そして主観的な経験がある。「在る」という内なる状態である。あなたが何者か、どうやって知ることができるか? あなたが存在するということを、どう…

ノー・マインドの道 その24 2021/3/17

エゴ/マインドは、もし自分(=エゴ/マインドのこと)が考えないとしたら、(1)退屈になる(2)自分の存在が消えてしまうことを恐れている。退屈の問題点は、単に「おもしろい」思考を楽しめないことによる不満だということを理解することによって比較…

ノー・マインドの道 その23 2021/3/16

自分がマインドあるいは身体「である」というのではなく、自分はマインドと身体を「持っている」ということに気づくのは大いなる自由をもたらす。ひとたび死の恐怖が超越されると、人生はその経験が変容する。なぜなら、死の恐怖はすべての恐怖の根底に横た…

ノー・マインドの道 その22 2021/3/15

問:人はどうやって進歩を加速させるのでしょうか? 答:それは自然な好奇心だ。選択が、マインドが注意を向ける方向性の癖の傾向を作る。どの瞬間も、それぞれ、気づきに必要な要素なのである。表面だけでなくむしろ本質を探しなさい。すべては完璧なのであ…

ノー・マインドの道 その21 2021/3/14

霊的な進歩はマインドが理解を通じてエゴのコンテントを再構築化しその(エゴの)メカニズムそのものを見分けることができるから可能なのである。これがひとたび起これば、人はもはやエゴの「恩恵に」盲目に従うことはなくなる。 エゴの報酬が拒絶され手放さ…

ノー・マインドの道 その20 2021/3/13

もし、人生のゴールが存在の瞬間それぞれに自分のベストを尽くすことだということであれば、霊的ワークを通じて、人はすでに苦しみの主要な原因を脱している。まさに今この瞬間の静止画の中には、反応あるいは編集すべき人生のストーリーなど存在しない。こ…

ノー・マインドの道 その19 2021/3/12

練習によって、人は、実際に進行ないしは経験されている「何か」に関与することなく、プロセスとしての意識の質に集中し続けることが可能となる。 観察を通じて、イメージと言葉それ自体の根底には駆り立てるような勢いのあるエネルギーが見て取れる。それは…

ノー・マインドの道 その18 2021/3/11

ひとたび、思考が物体のごとく非個人化されると、それらはその価値を下げ魅力を失う。思考と感情は欲望から生じるものであり、マインドはそれらに価値をつけたがる。 マインドをクリアにするには、発明され、重ね合わせられ、そして投影された信念体系による…

ノー・マインドの道 その17 2021/3/10

内なるプロセスは主に、新しい情報を獲得するというよりは幻影を無力化することである。 「経験者」というのは、処理されるデータの本質からは独立した意識/気づきの知覚的側面である。これが、人が「私」とか「私の」と、自分と一体化しようとする性質(側…

ノー・マインドの道 その16 2021/3/9

幻影の広大な倉庫である記憶を拒否するということは自己探求への明確なアプローチに導かれるということだ。それは実際には「誰か」がいるわけではなく気づきだけが存在するという発見へと導く。あなたは「誰か」ではなく「何か」なのだ。 高度に気づきを得た…

ノー・マインドの道 その15 2021/3/8

問:マインドが消えたとき、どんなものがマインドに取って代わるのでしょうか? 答:神聖な叡智がマインドに取って代わる。意識/気づきはそのまま残るが、しかしそれは自律的な質あるいは状態になる。マインドの喪失は「無」にたどりつくわけではない。逆に…

ノー・マインドの道 その14 2021/3/7

マインドによる支配をと消すことはただ一つの歩みにより達成される。それは謙虚さである。それはマインドが主権者でもなければ全知でもなく、真実と虚偽の区別をつけることすらできないということを認識することにより強化される。 問:人はどうやってマイン…

ノー・マインドの道 その13 2021/3/6

マインドを静かにさせただ取り巻きとともに「ある」状態にできるというのはほっとする。 よくしつけられたマインドはやるべきことに対して行動することを求められたときにだけ話を開始すべきである。訓練されていないマインドは無作法な「でしゃばり」パフォ…

ノー・マインドの道 その12 2021/3/5

マインドがエゴと一体化している限りにおいては、当然ながら現実を理解することができない。よしんば現実を理解できたとして、マインドは己の幻覚に基づいた性質を認識されることでいとも簡単に溶解してしまうだろう。※エゴを超越するのは永遠の絶対性の中で…

ノー・マインドの道 その11 2021/3/4

我々(の正体)がマインドだと考え始めたところから、我々は自分にマインドなるものが備わっていると知り始める。そして、思考、信念体系、感じ。そして意見を持つのもまた、マインドである。結局のところ、我々は自分たちの思考が単に偉大な意識のデータベ…

ノー・マインドの道 その10 2021/3/3

マインドを超越するということは一つも多くも一緒だということを知ることである。多くか、一つかという、精神の二元的期間を対照させることもしなければ、そんなものが存在するとすら口上しないことである。その代わり、「すべては存在する」という気づきだ…

ノー・マインドの道 その9 2021/3/2

エゴ/マインドの生来的な限界を超越する鍵とは謙虚さであり、謙虚さなしではマインドは絶望的にも幻想的な鏡の家に閉じ込められたままである。 ひとたびエゴの進化的構造と機能が理解されると、一時的でその場しのぎではかないものではなく、本物であり、か…

ノー・マインドの道 その8 2021/3/1

ずる賢いエゴは、自分が任意に選ぶものならどれでも、そこから秘密の満足と楽しみという成果物/報酬を絞り出すことができる。事実、それは何度も何度も同じゴールを選んで目指しているのである。エゴが何を「望んで」いるかなんて実際には関係がないのであ…

ノー・マインドの道 その7 2021/2/28

世間一般の教えというのが努力によって「獲得する」ものである一方、 霊的な努力において強調されることは、放棄すること、手放すこと、そしてサレンダーすることである。この「ワーク」によって立ち位置は識別され、エゴによる抵抗とエゴによる幻想に満ちた…

ノー・マインドの道 その6 2021/2/27

私は知っている、という思考は本当の「わたし」という気づきを排除してしまう。知っている、という言葉自体が二元的であり、分離した主題という二分法を仮定している。「知る人」という存在と、外側にある何か知られる対象、という具合に、である。 現実は知…

ノー・マインドの道 その5 2021/2/26

エゴの持続性、そして支配する能力のベースとなるものというのは、すべての主観的経験に対して著作権を主張する(=つまり経験したことに対して「自分がそれを作り出し経験したのだ」と主張すること)ことにある。「私は思った」という言葉が、人間の人生の…

ノー・マインドの道 その4 2021/2/25

マインドをおよそよく知られている範囲に制限するということはマインドのサイズと影響力を減らして、マインドを人の主人とするのではなくしもべとすることである。マインドが実際に扱っているのは推定であり、表面であり、知覚された出来事であり、証明しよ…

ノー・マインドの道 その3 2021/2/24

エゴは非難しても、憎んでも、罪悪感によっても克服されることはない。それよりも、エゴを客観的に、それが本当は何であるかを観察することによって無力化できる。それは、人間の進化的起源の名残である。 人はマインドによって支配されているのかというと、…

ノー・マインドの道 その2 2021/2/23

マインドについて学ぶまさにそのプロセスこそが、すでにエゴの束縛を解き始めているのだ。小さな自己の感覚がその位置を移し、自分の内側の「私」という感覚が意識の階層を通じて進歩し始める。 実際のところ、エゴ/小さな自己は死ぬ必要など全くないのであ…

ノー・マインドの道 その1 2021/2/22

「マインドの道」 、これはまた「ノー・マインドの道」とも呼ばれるが、これは知識を通じてスピリチュアルな真実を追求する方法である。幻想的なエゴの性質と、同様の性質をもつマインドと、それらが持つあらゆるプログラムを検証することを通じて行われるも…

小さな自己を超越するには 総論 2021/2/21

【「小さな自己」を超越するには】 ホーキンズ博士が説明するように、小さな自己(エゴとマインドの複合体)が超越されるとき、スピリチュアルな真実が明らかとなる。スピリチュアルな真実とSelfへの気づきへ至るにはいくつかの道がある。その中には「ノー・…

マインド その19 2021/2/20

(人間の)精神活動はエゴの中心性が起源であり、その主要な機能とは「注釈」である。要求されているのであれば話は別だが、思考とは虚栄心である。終わりなき意見の産出、合理化、再処理、評価、そして微妙な評価。思考が「自分のもの」であるという自信に…

マインド その18 2021/2/19

思考は(思考それ自体で)勝手に考える。思考はあなたなど全く必要としていないのである。ちょうど身体が自分自身のやるべきことを勝手にやるのと一緒である。 マインドの現実とはフィクションである。このことに気づくことによって、マインドは現実の裁定者…