ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

塵から生まれ塵に帰る の本当の意味

聖書を研究されている方からおしかりを受ける内容かもしれませんが、ホーキンズ博士著書「Healing and Recovery」よりご紹介します。 旧約聖書・創世記の中に、「塵から生まれ、塵に帰る」という言い回しがあります。 アダムとイブが神のいいつけを守らない…

なぜ、信念体系を手放せと言うのか。そして「エゴ」とは何なのか。

このブログで時折出てくる「エゴ」について、心理学上でいうと「世界でうまくやっていくための対処スキルと生存スキル」を意味します。 (ホーキンズ博士の説明に基づく) しかし、スピリチュアル的に見た場合、エゴというものは「ネガティブな品質であり、…

自分は意識レベルが低い、と嘆いている方へ。

意識レベルの変遷(1~199)には一定の法則があります。 その前に、意識のマップを再掲します↓ 意識レベルの最下層に位置する1~49までは、最もネガティブで破壊的であり、「世界は苦しみに満ちている」としか見えません。 意識レベル50~99の範囲もまた、ネ…

人が自分を憎んだとしても、「究極の存在」は常に我々を愛している。

自分の意識レベルが低くなっているとき、「神も仏もあるもんか」あるいは無神論者になりがちである、というのがホーキンズ博士の考えです。 無神論者の考え方の根底にあるものと、神という存在を基本的に認めていない(というより前面に押し出していない)仏…

霊的真実≒量子力学=何が起きるかわからない。

真実のスピリチュアルをもとにして行動すると、どういうことになるかと言いますと、端的に言えば「何が起きるかわからない」ということになります。 もっと言えば、 「何が起きるか、人間のマインドにはさっぱり理解できない」 ということになります。 これ…

グループから抜ければそれでいいわけではない。

信念体系とグループ的エネルギーの関係について補足します。 本日、筆者は、個人のFBを「再生」することと、それに伴って一定の条件以外の友人を整理する旨通告しました。 温情措置的な理由からFB上で「友だち」としてリンクを残していたのですが、この際、…

信念体系を捨てるということは、それにまつわる自分の癖も捨てるということ。

前回記事の続きとしまして、信念体系を手放す、というか極端な言い方をすれば「捨てる」ことになるわけですが、ただ心の中で「〇〇という思い込みは捨てた」と念じても信念体系を捨てたことにはなりません。 当たり前の話ではありますが、たとえば、男尊女卑…

「他人の悪い面」まで背負い込んでしまうメカニズム。

このブログではデヴィッド・R・ホーキンズ博士の教えをベースにして「スピリチュアルな方法で人生を改善する方法」をご紹介していますが、「努力しているのになぜ悪いことばかり起きてしまうのか?」と思われるときもあるかもしれません。 このことを、信念…

筆者が他のスピリチュアルブログに言及しない理由。

8月17日付記事の続きになります。 元記事はこちら。 miyagilso.hateblo.jp 読者の方の中には、 「◯◯というブログの意識レベルを調べてもらいたいんだけど…」 という方もいらっしゃるかもしれません。 要は、前々からハマっているスピリチュアル系のブログ…

祈ると、最初に出てくるのは…

先日の記事で、ポジティブカルマを作るための方法の一つとして、「祈り」をご紹介しました。 ところで、問題を抱えた状態で真剣に祈った場合、最初に出てくるのは、 「その問題を解決するための第一歩」 です。 これは、一見、辛いことに見せかけて登場する…

あなたが信奉する「教師」は、大丈夫だろうか。

日本には信者に害を及ぼすことしかできない新興宗教やらスピリチュアルを標榜した詐欺的グループが横行しております。 これが原因で日本は迷走を繰り返すのか、はたまた日本が迷走を繰り返すから需要と供給の理論からこうしたスピリチュアルもどきがたくさん…

申し訳ありませんが更新スピードを落とさせていただきます。

今年5月に、「土日祝日の数×5記事」を更新する、と発表しておりましたが、筆者のブログ記事ネタ作りに相当する「博士の教えまとめ」作業を優先するのが最高善に貢献するということがわかり、当面の間、1日1記事程度にペースを落とさせていただきます。 …

ポジティブカルマでネガティブカルマを打ち消す方法。

お盆期間と言われる期間も終わろうとしています。 地域によりけりなようですが、少なくとも筆者の地域で「お盆」として認識されているのは8月13日から8月16日まで。 そして、今日は、日本が戦争を終えた日でもあります。 この期間中にお休みを取れてい…

子供のいじめ、可能であればやめさせてください。

可能であれば、という言い方は非常に弱いことは百も承知ですが、いじめに走る子供の親なんていうのは大体見ていると「親が子供を無意識のうちにいじめている」パターンが多いので、おそらく治らないだろうなー…という懸念がありつつ、この記事を書きます。 …

出したものが戻ってくる。連休中に、振り返ってみて。

お盆期間に入っております。 この時期…波動的には、やはりキツイですね(汗) 何がどうキツイのかはここではあえて書きません。 早く元の場所におかえりいただきたいものです…意識レベルが高い存在「だけ」がお盆にいらっしゃっているなら大歓迎なのですが、…

ポジティブカルマとネガティブカルマの見分け方

本日はテクニック的な話になります。 人間がこの世で生きる目的はズバリ霊的成長、その一環として良い経験も悪い経験も含めて経験を積むことなんですが、霊的成長という話を「カルマ」という言葉を使って表現するのなら、「ネガティブなカルマを取り除くこと…

楽しんで何が悪い。…ただし、ポジティブカルマの使い切りに要注意。

この日は某所に小旅行に行っておりました。 博士の教えまとめの作業とブログ書きの作業が遅くなったのはそのためです。 楽しむ ということは、意識レベルとしてはやはり200以上の領域に属します。 いわゆる「喜び」(Joy)の意識レベルは540、非常に高く、癒…

信念体系を取り消そうとするときの抵抗とは

このブログでは、「信念体系」(=思い込み)の取り消しの重要性を何度も説明していますが、この信念体系の手放しはすんなり行くものではありません。 信念体系というのは、子供の頃に(物心つかないうちに)親が日常会話で話すレベルのものもありますが、本…

魂の闇夜とは

筆者はこの9連休(?)を、博士まとめを9割、そこから得られた重要な情報をこのブログに記事として書く=この時間を1割と決めており、すでに食料を買い込んで自宅から出ておりません(笑) ただ、1日だけ、日帰り旅行に出かけるかもしれません。 ところ…

なぜ、人は適切な助けを受け入れられないのか?

このブログですでに一度取り上げた章からにはなるのですが、「Transcending the Levels of Consciousness」第1章の「恥」からあえてご紹介したい部分を取り上げます。 意識レベルの2桁台、「恥」「罪悪感」「無気力無関心」「悲しみ」のレベルにおいては特…

先祖供養の大切さ…ん!?

まもなくお盆を迎えます。 今年のお盆の時期は前後に土日祝日が入ることも相まって、9連休になるとかいう方も出てくるとか。 筆者は、物質世界上の業務が一段落しているので、この際にブログLSOスピンオフのネタをこしらえる(=ホーキンズ博士の原書を…

意識レベルについて:「欲望」 その17 欲望がひどく嫌うもの

欲望のレベルシリーズ、最後の記事になります。 このレベルが嫌うもの一覧です。 Common(一般的) Lose(負ける、失う) Poverty(貧困) Passive(受動的) Frustrated(欲求不満) Weakness(弱さ) Criticism(批判) Failure(失敗) Anonymity(匿名)…

意識レベルについて:「欲望」 その16 欲望のレベルが好むもの

欲望のレベルが好むもの(感情)一覧です。 Special(特別、特殊) Win, gain(勝利する、得る) Wealth(富) Control(コントロールする) Get(得る) Crave(渇望する) Force (力:ネガティブなほうの) Approval(承認) Success(成功) Fame(名声…

人間は、なぜ悪口を言うのが好きなのか?

嫌いな人の悪口を言うなら百歩譲って理解できるとしても(とはいえ良くはありませんが)、好きな人の悪口を言うのは傍目に見ると好きなのか嫌いなのかわかりにくいしどうも納得がいかない、という感じを受けます。 では、なぜ人間は、とにかく陰口/愚痴/悪…

重要な事項は、繰り返さないと覚えられない。

ホーキンズ博士は、著書「Healing and Recovery」の中で、このようにも話しています。 「癒しの法則について、この章で同じことを繰り返し述べた。 その理由は、霊的真実に関する事項(要は重要な事項)は、マインドがそれを受け入れることを拒む傾向がある…

ネガティブな考えを吹き込むのは、マインドである。

今日のヤフーニュース一覧の中に、「マスコミも評論家も企業も悲観的な言い方しかせず云々」という話が載っておりましたが、マインド(=人間の「考え」を生み出す部分)はネガティブな話題が大好きな傾向にあります。 これは理由云々以前の問題で、マインド…

嫉妬する人間からは物理的距離を置くのが吉

このブログで何度かご紹介させていただいていることの中に、 「人間はオーラ同士影響し合う」 というものがあります。 人混みにいくと疲れる!! という方、それ、道行く人のオーラの影響を受けているからかもしれませんよ。 というかまず間違いなくそれです…

意識レベルについて:「欲望」 その15 欲望の代わりに人間を動かすもの

意識レベル125のレベルにある「欲望」は、一般的には、人間を行動に移させるモチベーション的存在として捉えられています。 高級車が欲しいから仕事を頑張ってたくさん稼ぐ、とか。 欲望自体は、自分が今それよりも下位の意識レベルにあるとき、特に行動…

意識レベルについて:「欲望」 その14 欲望と幸せ

今週に入ってから気温が一気に上がりました。 東京から来た方が「いやぁ仙台は暑いですよ!」と… 東京の方がよほど暑いようなイメージがあるのですが… ところで本日のお題です。 欲望については、「寝る」とか「食べる」とかいった肉体を保つための欲望を除…

病気とは、「霊的に成長しろ!!」という要求である!

本日は、現在当ブログ上では棚上げ状態の「Healing and Recovery」からご紹介します。 実は筆者は現在この本を一から翻訳しなおしており、現在第4章が終わるかどうかというところなのですが(そのほかにも2冊同時進行しております)、今採用している方法が一…