ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

人間の最大の関心ごと

人間の最大の関心事とは、「生存」です。

自分自身、家族や愛する人、地域、国など。

 

そして人間が最も恐れることは、

経験する能力がなくなることです。

 

この地球に降りてきた理由とは

様々な経験を通して霊的成長を図ることですので、

その経験する能力がなくなったら困るんですね。

 

経験する能力を象徴するのは「身体」です。

皆さんも、これを読んだり考えたりするのは

脳だったり目だったりその他器官、つまり

身体がそれをやっている、と無意識のうちに

思っているのではないかと思います。

 

これが、人間は自分が身体であると信じる ゆえんです。

このフレーズは、今後、逆の言葉である

「人間は身体ではない」

と絡んできますので、

心にとめておいていただけると幸いです。

 

話を戻します。

経験する能力を発揮するのが身体で、

人間は自分の生存に最も関心がありますから、

人間は自分の身体の保存(生存)にとても関心があります。

 

そして、人間は自分のことを身体だと思っているため、

(実際には本体は意識なので人間はみなつながっているんですが)

人間は一人ひとりが別物だと思っています。

 

よって、人間は自分を満たすものを外に求めるようになります。

 

これが、マインドが生み出す生存のためのメカニズムです。

このメカニズムを保つため、マインドは感情を利用します。

 

腹減った。食いたい。

怖い。先に先制攻撃して相手をつぶそう。

あいつムカつく。殺してやれ。

 

感情を自分の知性が利用することもあります。

そのとき、元の感情は知性によってヴェールをかけられ

人間は根底にある感情を忘れやすくなります。

こうして、感情は、潜在意識の奥底に沈められて

爆発の時を待つ、という構図が出来上がります。

 

自分が自分で何をやっているのかわからない、

という現象の裏にはこうしたメカニズムがあります。