ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

過去の出来事を自分の中で処理するには

不幸な出来事に見舞われたとき、

「なんでこんなことになるんだ…orz」

と悩むことも多いと思われます。

 

ただ、その出来事の中(あえて全部とは言わない)には、

無意識のうちに重要なことを学ばなければならないため

潜在意識が引き起こしているものもあります。

 

人間の人生の最終目標は霊的成長と言われています。

博士曰く、

すべて人生の経験には「隠されたレッスン」を含んでいるとのこと。

それがたとえ悲劇なものであっても。

 

このことは過去を癒す大きなポイントになろうかと思われます。

 

過去の出来事に対する感情の処理については

これまでの「手放し」とはまた違ったテクニックがあります。

それは、

過去の出来事を別の観点と視点から眺め、

その出来事をこれまでとは違った意義を持つ

パラダイムに移し替えてやること とのことです。

 

人間は、過去というものに自分で意味を与えているため、

この意味を違ったものに書き換えてみるとよい

とのことです。

 

わかりやすい?例だと、

好きな人に告白してフラれた、というとき、

最初は悲しくて悔しくて…

と思っていても、

実は「もっと人を見る目を養わなければならない」

という意味があったり

あるいは「その前に自分自身を大事にしましょう」

という意味があったり

はたまた「もう少し謙虚になりましょう」

という意味だったりするのかもしれません。

 

著者も、(FBで時折書いていますが)

両親には自分の性格を理解してもらえず

学校でいじめられていても味方になってもらえないどころか

「いじめられるお前が悪い」と言われる始末で

出身地である宮城県登米市(あえて「故郷」とは呼ばない)では

物心ついたころからご近所にも疎外される日々を送っていました。

その後も、両親に影響を受けた人間関係の作り方に

悪い影響を(知らずに)受けていたため

人間関係が悪化することも多く、

実は「愛情」というものを理解できないまま

40代まで来てしまいました。

 

博士の教えほか真実のスピリチュアルを学ぶことで

本当の愛というものは何なのかということを

少しずつ理解するようになったのと、

 

人間の愛想の裏に隠された真意(実は何か

相手の意に反してでも押し通したい欲望がある、等)

を見抜いて排斥することができるようになりました。

 

あのひどい出身地&家族(笑)がいなければ

安穏として自分の霊的成長も怠ったまま

無駄に年を取り続けていく人生だったのかもしれません。