ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

無気力と、憂鬱 その5 なんで、無気力・憂鬱になるのか?

博士のお話それ自体が、

真実のスピリチュアル

(奇跡のコースとかラマナマハルシの教えとか)

に触れていないと難解な部分が多いため

このブログの内容も「???」と思われているところが

多いかもしれません。

それでもあえてご紹介させていただきます。

 

またしても「Letting Go」より。

なぜ、無気力や憂鬱になるのか?

 

それは、

自分のことを【被害者】としてプログラム、

つまり自分で自分のことを被害者として

設定してしまったからだ、と博士は言っています。

たとえ外的な事項が【原因で】無気力になったとしても、です。

 

自分の心の中にエゴの定住場所を与えてしまっているため

そういうことになるのだと。

 

もっと言えば、

愛、ゆるし、勇気などの偉大さに抵抗した結果だということです。

 

要は、

【自分には価値がない存在だ】と

自分自身や他人に認定されることを認めてしまっている

しかもそれを

自分でも無意識のうちに認めてしまっている

ことが最大の原因であると

上記の著書に書いてあります。

 

そしてこの対策方法として、

【自分には価値がない存在だ】と

自分自身や他人に認定されることを認めてしまっている

しかもそれを

自分でも無意識のうちに認めてしまっている

ことについて、

もっと意識的になるべき です。

 

 

人間には意志の力というものがあります。

人には

【心にとどめていることが現実のものとなりやすい】

という特徴があります。

 

これは、意識的に思っていない事柄であっても

現実化しやすいという意味も含んでいます。

 

引き寄せの法則がうまくいかない方は

自分自身のことを実際にどう思っているのか

静かに観察してみるのも一つの方法です。

 

盲目的に自分をプログラム(特にネガティブな内容のプログラム)

し続けていることと、

ネガティブなプログラムのネタはメディアやインターネット、

あちこちにある人間の集まりに発生する噂話など

あらゆるところに転がっていることも

頭の片隅に置いておいてください。