ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

無気力と、憂鬱 その7 ネガティブな信念は、自分のものではない。

前回記事にて、自分の真実を探すことが

意識を高めるコツだと書きました。

 

そのためのヒントになりそうな記述を

博士の本から拾ってみます。

 

・マインド(人間の精神)は本来的にネガティブなものが大好き。

 消えていくもの、ダメなものを探したがる。

 

・全てに疑問を呈すること。

 そうすることで、いつの間にか刷り込まれていた

 ネガティブな信念を取り消すことができる。

 

・マインドはコンピューターにも似ている。

 コンピューターはソフトウェアをインストールして

 使うものであるように、

 マインドもまた「信念体系」(要は思い込み)を

 インストールしたうえで動かすものである。

 だから、その信念体系を取り消す。

 

・特にエゴはネガティブなものをマインドに

 インストールするのが大好きである。

 しかしそうしてインストールされたプログラムは

 自分のものではない。

 

・自分の思考の源=エゴとマインド を見て、

 それが自分自身だ(=こんなにダメな自分、もうダメだ…)

 と思い込むのはやめにする。

 

・思考の源は、メディア、宗教、親、学校の先生、遊び仲間、

 自分の無知、霊的な未熟さ、惰性、純粋さ(無知) などからくる。

 

つまり、自分たちは、

ゴミみたいな信念体系の集合体に仕立て上げられて

しまっているようなものです。

 

それに対してさも真実であるかのように思い込むのも

やめにすることです。

 

個人的な感想を言わせてもらうと、

そうしてネガティブなゴミを長年押し付けられてきた

ことに対する怒りが湧き上がってはくるのですが、

そこから素早く意識レベル200以上の段階に

上がるのならそれもまたよし、とのことです。