ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

悲しみ その1

ホーキンズ博士の著書「Letting Go」より

「悲しみ」について何度かに分けてご紹介します。

 

悲しみは人類全員に共通する経験です。

もっとも、悲しみだけでなく、他のネガティブな感情も

人間が生まれた瞬間に「共通の感情」として

ダウンロードされるかのごとく植えつけられるとのことですが、

特に「一度も悲しんだことがない」人はまずいないと

言えるかと思います。

 

このレベルにあると、物事がとても難しく感じられるようになります。

創造ももちろんできません。

愛情を感じられない、愛されそうにないと思ってしまう、

タラレバの心境もこのレベルの特徴だそうです。

 

悲しみが起きる場面は具体例を挙げればきりがないですが、

まとめて言うと

・信念体系(思い込み)の喪失(=価値観がひっくり返った瞬間)

・人間関係や恋人などの喪失

・能力、役割、自分自身の希望、生活等の喪失

が起きた時が典型例として挙げられます。

 

そしてこのレベルの特徴として、

「この場面、乗り越えられないよ(泣)

 誰も何も助けてくれないよ(泣)」

と嘆く状態であり、

痛みや苦しみに対して抵抗力が下がってしまいます。

この悲しみを正当化・強化するために外に目が向きがちになります。

ただ、「助けを求めれば誰かが助けてくれるかも」と

思う分、無気力(LOC.50)のレベルと差があります。

 

感情の一つとして、人間がこの世に誕生した瞬間に

ダウンロードされるものでありますから、

手放しをすることも可能です。

 

特に男性は、最近でこそ悲しみを表に出す方も増えたようですが

日本に限らず「男は泣くもんじゃない」的な信念体系というのは

あるものです。

ホーキンズ博士はアメリカの方であるにもかかわらず

「男は泣くもんじゃない、という信念体系が世界中にある」

と著書の中で明記しているのがその証拠といえます。

そういう信念体系があるから、大抵の人は悲しみを押さえ込んでしまい、

それがあとで病気という形になって出現してしまうのです。

 

抑え込むのではなく、手放す。

ここでも手放しとサレンダーの技術を生かす方法を

これから何度かに分けてご紹介していきます。