ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

欲望 その6 願望実現の、もう一つのブロック

最近流行り?の引き寄せの法則を使っても

うまくいかない場合、

このことに目を向けてみるといいかもしれません。

 

ホーキンズ博士はその著書の中で、願望実現の

もう一つのブロックとして、

無意識の罪悪感と

己の小ささ(小さなセルフイメージ)

を挙げています。

 

結構重要なので文字を大きくしてみました。

 

特に罪悪感は、

「自分にはこれがお似合い」と思うものだけを

持つことを可能にしてしまうのです。

 

たとえば、古い服ひとつとっても、

ビンテージもので純粋にそれを愛しているから着る、

というのではなく、

自分はお金がなくて古くてボロい服しか着られないからやむなく着る、

というマインドでいると、

罪悪感はちゃんとそれをキャッチしてどんどん

「お金がなくて何もできない」

状態に本人を追い込んでいくのです。

 

 

個人的な経験をお話しするようですが、

お金や物質に関連しない罪悪感であっても

抱いていると、やはり、お金は減っていきます。

 

自分が小さなセルフイメージに執着するほど、

そのセルフイメージにふさわしいものしかやってこなくなりますし

他者に流れ込む豊かさを否定するようになっていきます。

簡単に言えば、

自分が幸せでない

  ↓

他人の幸せを妬んでひがむ

  ↓

自分が放つネガティブ性がさらにポジティブ性を遠ざける

  ↓

以下、不幸と貧困のループ

 

という構図ができあがります。

 

これが、聖書に書いてある、

「貧しいものはより貧しく、富めるものはますます富む」

のゆえんです。

 

自分について小さなセルフイメージしか持たないと、

自分に似つかわしいのは貧困であり、

潜在意識は自分たちにそれを現実のものとして見せることになります。

 

ではどうすればよいか?

まずは、自分についての小さなセルフイメージを放棄することです。

自分自身の内なる無実性を再確認するほど、そして

自分の寛大さ、正直さ、信頼、愛情、信仰への抵抗を

手放すほど、

潜在意識が自動的に生活状況を改善してくれ

豊かさが流れ込むようになります。

 

手放し が難しい場合、

まずは自分についての小さなセルフイメージを

認識するところから始めます。

自分についてネガティブなセルフイメージを

抱いているなら、先にそれを目をそらさずに見つめるのです。

そして、

「ああ、自分ってこんなことを思っていたんだなあ」

ということをはっきり認識したら、

メモ書きをゴミ箱に捨てるように

それを今後は一切考えない、と決めるのもよいですし、

それも難しそうだったらポジティブなアファメーション

そのネガティブなイメージを置き換えるのもありです。

博士は後者のことを一種の行動療法と呼んでおります。

それもありといえばありです。

 

でもいずれにせよ、前者の、

『自分についての小さなセルフイメージを認識する』

のは必須と考えた方がいいです。

とはいえ鏡になるものがないと

自分のセルフイメージなんてわからないものです。

他人の言動を見てどんな感情を抱くか客観的に

観察するのも、潜在的に抱いているネガティブ性や

小さなセルフイメージをあぶり出す

いい訓練になるかもしれません。