ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

欲望 その11 憧れる人になりたいと思うのなら

ホーキンズ博士はちゃんとその疑問にも答えを用意しています。

 

憧れる人になりたいのなら、

・なりたい種類の人物を心に思い描く

・なれないかも…と思わせるような

 ネガティブな感情や障害をすべて放棄する

 

そうすると、

・持つべきものややるべきことが自動的に

 落ち着くべきところに落ち着くようになる

(その状態であることが一番パワーがあるため)

 

とのことです。

 

簡単に言えば、メジャーリーグで活躍したい。

そう心に思い描いてネガティブな感情や思考を放棄すると

体が自然と「それ相応の練習を積む」ような方向に

動き出す、ということです。

 

イメージだけでメジャーリーグに入れたり

オリンピックに出られたりするわけではありません。

念のため…。

 

博士いわく、

「その状態であること」に優先権が与えられると、

つまり自分の中のエゴがあーだこーだと

いちゃもんをつけなくなり「行動に移せる」状態になると

自動的に本人の活動が統合整理されていくようになります。

 

「自然と導かれる」状態ですね。

 

とはいえ、マインド(人間の思考)は、

そのことをにわかには信じようとはしません。

マインドはネガティブな感情や思考が結構好きなので

上記の

「・なれないかも…と思わせるような

 ネガティブな感情や障害をすべて放棄する」

 のは一朝一夕にはいかないかもしれません。

 

死ぬほど練習というのも

マインドが大好きな?ネガティブとその素(エゴ)を

振り落とすためかもしれません。