ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

受容 その1 2つ目のパラダイムシフト

ここからどんどん、自分の内側といいますか

心の中が平和な状態に向かって突き進んでいく

というイメージだと思ってもらえればわかりやすいかも

しれません。

 

受容(Acceptance)と名付けられたこのレベルにおいては

まるで出来事が淀みなく進むかのように感じられ、

安心安全を実感できるレベルとなります。

 

世の大半の方からみたらこの心境はかなり

羨ましいのではないかと思われます。

 

また、このレベルにいる人の特徴として、

自己犠牲を感じることなく他者に奉仕できる、

自分のことも他人のことも認めて受け入れられる状態、

そしてつながりや充実感、愛情、理解しされるという

感覚を覚えることができると言われております。

 

この段階もまた、一つのパラダイムシフトと

言われております。

 

もう一度意識のマップをご覧ください。

f:id:miyagilso:20190728211157j:plain



「勇気」と「受容」の間にある二つのレベルの話は

また日を改めて行わせていただきます。

予めご了承ください。

 

よく、スピリチュアルな話の中で、

「あなたはそのままで大丈夫」

というフレーズを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

これはこのレベル、受容のレベルの特徴を現しています。

なので、確かにこれはその通りなんですけれども、

自分の中に罪悪感とか悲しみとか恐怖とか怒りとか傲慢とか

ネガティブな感情を抱き続けたまま

「私は今のままで大丈夫」

なんてつぶやいても逆効果になる可能性が高いです。

その前に自分自身のネガティブなものを手放してください。

それができかねる場合、自分の意識レベルよりも

はるかに意識レベルが高いものに触れ続けるという

方法をとることで手放しが可能になるケースもあります。

 

受容のレベルまでくると、

何も変更する必要がない、全てが完璧で美しいと感じ、

世界は楽しむべき場所であり

他者と全ての生物に対する共感が生まれてきます。

他者への奉仕(教育)をするにあたり、

「あんたのためにこれだけしてあげたのに」と

恩着せがましくなるレベルではありません。

奉仕する側である本人の心の中が安全で豊かだからです。

そのため、見返りを期待する必要がありません。

とはいえ見返りを期待しない人ほど

お返しをたくさん受け取ることができます。

これもまた「手放し」の効果の最たるものです。

 

余談ですが、このレベルに位置する飲み物があります。

それは緑茶です。

ホーキンズ博士の著書「Truth vs. Falsehood」において

博士チームによる測定の結果そうでたということです。

なお、コーラの意識レベルは310前後と、

他の飲み物よりもやや意識レベルが高めなのです。

なお、通常の飲食物の意識レベルは200程度、

機械的に作られた飲食物の意識レベルは200未満、

愛情たっぷりに手作りされた飲食物の意識レベルは500台です。

ママの手料理が美味しい理由は、

愛情が入っていて意識レベルが上がっているからです。

逆に言えば、「あいつこのヤロー」などと

ネガティブな気持ちのまま作られた飲食物の意識レベルは下がります。

 

かくいう筆者も超絶に「自分と合わない」環境で

疲れが出やすい時は自然とコーラを買いたくなります。