ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

受容 その5 受容というレベルの特徴を簡単に

意識レベル350というのは一つのパラダイムシフトだと以前ご紹介しました。

 

具体的にどのような現象が起きるかといいますと、

  • 自分の過去も他人の過去も許すことができる
  • 過去の怒りを癒すことができる
  • 過去には憤っていた出来事からも「贈り物」を見ることができる(カルマ的意義を含めて)
  • 過去を癒すための、これまでとは異なった文脈を作ることができる。

このレベルの完成によって、我々は未来について安全を感じることができ、愛と平和へと進むことができます。

その進む過程において理由・理性を使う(これの意識レベルは400台)ことができます。

 

ちなみに…。

このレベル、つまり意識レベル350の特徴について博士の著書「Transcending the Levels of Consciousness」という本にはこう記されています。

世界のレベル(意識レベル200前後…長い間世界の意識レベルは200を切っていたのです)においては、バニラアイスを選ぶということは同時にチョコレートアイスを敵・憎むべきものとみなしてしまうことになる。しかしこのレベルにおいては、バニラアイスもチョコレートアイスも「一つの選択肢」でしかない。

当たり前すぎることを書いているんですが、これがもしアイスではなく政治信条のことだとすると、突如これが論争のタネになることは経験があるかもしれません。

 

また、意識レベル350の特徴をもう一つあげるとすると、道徳的な判断(良い悪い)に関心がなくなっていきます。

えっ、じゃあ、逆にまずいんじゃ!? と思われるかもしれませんが心配はいりません。

このレベルにおいては、何をもってすればうまくいって何をするとうまくいかなくなるのかがわかるレベルになっていきます。

つまり、良い悪い ではなく、何が建設的で何が破壊的なのか を見抜く能力が身につくというわけです。

自分や他人に関しての物の見方の罪悪感がなくなります。

罪悪感がなくなるといっても、「あの人はダメよね。私がそう思ったからいいんだもん」と考えることがすなわち意識レベル350ということにはなりません。

そもそもジャッジメントすることがなくなっていきます。

 

要は、このレベルは、罪悪感を手放した状態なのです。