ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

愛 その5 愛のレベルの人とその他の視点の違いとは

今週は出張続きで執筆が途絶えがちとなってしまいました。

 

さて、ホーキンズ博士は、人間の意識の上位として愛と平和を挙げています。

さらには「神と同一」、悟りという領域についても説明していますが、現在の弊社のレベルでは愛の領域を説明するので精一杯です。

いや、愛ですら、「この内容をこのまま書いたら反駁を受けるかもしれない、そのときに我々は博士の意図を捻じ曲げずに説明し抜く能力を持ち合わせているだろうか?」と逡巡することすらあります。

たとえば犯罪者についての視点や貧困層についての視点も、一般的な常識とはまったく異なった視点を持つようになるのが、愛のレベル、そしてその上位の無条件の愛のレベルとなります。

無条件の愛については、そのエネルギーフィールドに触れることですべてのものが癒される、とすらいわれておりますが…

 

さて、その異なる視点、博士の著書に例があがっていますのでご紹介します。

たとえば、街でみすぼらしい格好をしている老人を見て、ネガティブな意識の人は「ホームレス」と決めつけられ、「危険だ、避けよう」「生活保護の対象か。税金泥棒め」「あんな汚いやつは警察が皆捕まえて一網打尽にしてくれりゃいいのに」などと罵るのが普通です。

それに対して真実の愛のレベルにいる人は、はなから上記のように決めつけることはありません。むしろ、見かけではない非言語的領域にあるものを感じ取ります。

その人の顔を見て、その人の性格、人生経験、知恵を見出すこともあります。場合によっては興味深い人物としてその人を見つめるかもしれません。

これは魂レベルで感じ取るエネルギーフィールドのものであり、見かけではない領域のものを感じ取ることができるようになります。

 

愛の話はまた改めてさせていただくことになろうかと存じます。

 

おさらいとして、ネガティブな感情は下位チャクラに澱のようにたまるそうです。

もちろん、どす黒いエネルギーのようになって蓄積されます。

ネガティブな感情を手放すことによって本人の意識は上昇し、エネルギーは上位チャクラのほうへ集まるようになっていきます。

愛のレベルにおいてはエネルギーは胸のあたり、第4チャクラに集まるということです。

 

次のレベルは「平和」ですが、誤解を招く記事を書かないためにも、この分野は後日ご紹介するとして、次回より実践的な話をさせていただきます。