ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

「ネガティブ性」と「ポジティブ性」の大きな違い

このブログでは、「ネガティブ性」という言葉や「ポジティブ性」という言葉をよく使います。

 

この二つ、世間一般のイメージとは違いますよという話をすでにしているところではありますが、改めてご紹介いたします。

 

ネガティブ性とは、人間の生命を破壊する、あるいはサポートしない。人間にとって有害なもの。

ポジティブ性とは、人間の生命を育む、あるいはサポートする。人間にとって有益なもの。

 

ホーキンズ博士が複数の著書にて共通して教えていることを要約するとこうなります。

 

もっとぶっちゃけた言い方をします。

 

「ネガティブ性」とは、いわば毒入りの食べ物です。

「ポジティブ性」とは、いわば栄養たっぷりの食べ物です。

 

毒入りの食べ物を万が一食べてしまえば死亡するか重大な健康障害が起きるかになりますから、食べない/食べちゃったら吐き出して病院へ行く ということをします。

 

だからネガティブな感情を手放せというわけです。

自分を内側から蝕んで破壊するものですので。

 

そして、意識レベル200以上(本当は200ジャストが「臨界点」で本当のポジティブ性は201以上という説もあるようなのですが)がポジティブ性、意識レベル200未満(199以下)がネガティブ性に属することになります。

 

意識レベル199以下と判定されたものは徹底的に避けるのが無難です。

現代社会ですとなかなかそうもいきませんが…

(その場合の影響回避方法は後日あらためてまとめていきます)

 

意識のマップを掲載します。

f:id:miyagilso:20180504152310j:plain

太線から下というのは、ネガティブ性に属するものだと思ってもらって結構です。

太線から上が、ポジティブ性に属するものであり、自分の心の中を太線より上に書かれた感情(本当に意識レベルが上がれば感情すらなくなるといわれていますが)の状態に

持っていくのが吉といえます。

 

ネガティブ性の最たるものとして、音楽のうち、パンクやロックなどはネガティブ性に属します。

聞いているうちに自分の意識レベルも下がっちゃうというわけです。

現代ポップなどもあまり意識レベルは高くありません。

広告というものも基本的に意識レベルは200を下回っています。

聞いているだけで癒されるレベルの音楽はたいていクラシックであり、特にモーツァルトの意識レベルは570です。

 

意識レベル540以上のものは、その近くによるだけで癒しが起きます。

 

なお数年前にノーベル賞を受賞したボブ・ディランの意識レベルは500です。

真実の愛の領域です。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)

 

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)