ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

感情はブーメランのごとく

ホーキンズ博士いわく、怒りのような強烈なネガティブ感情は、我々に反響し、かつブーメランのように発信者のもとへ戻ってくるとのことです。

 

怒りに限らずすべての感情について同じことが言えます。

これは「出したものが戻ってくる」という霊的法則を端的に表しています。

 

怒りでいえば、

多くの憎しみを抱えているひとは、自分たちが憎しみの世界にすみ、多くのひとから憎まれている ことを発見します。

これは、外部環境・つまり世界が、憎しみに満ちた世界だと感じる ということです。

 

しかし当の本人は、自らそういう世界を作ってしまっていることをわかっていません。

 

この場合、自分が内側に抱いている怒りを放棄してしまうのが特効薬です。

 

我々には、他者に対する自分の感情が罰せられ、苦しめられたい という秘密の希望がある というのが博士の話です。

もちろんこれも本人が悪いというのではなくエゴの仕業なのですが、実際に、我々は自分たちを憎む正当性を相手に提供してしまっているのです。

そうすると、我々は、相手からの報復や自分自身の無意識の罪悪感を恐れながら生きるハメになります。

しかしそれも…我々の認識、つまり自分の「もの&状況」の見方がそうさせているのです。

 

この、「状況&もの」の見方を変えれば、外側の出来事も変わっていきます。

そのためにすべきこととして、博士はやはり、「内側の感情を手放せ」と話しています。

どんな感情を手放せばいいのかのヒントは、自分に嫌な思いをさせた相手が、その言動を通じて知らせているかもしれません。

 

内側の感情を手放すことでゆるしの気持ちが起き、人間関係が変わる…と博士は言っています。

こうすることで低レベルのエネルギーフィールドから高レベルのエネルギーフィールドにシフトできる、という話もすでに何度かさせていただきました。

 

自分自身を高い意識レベルに置く、ということです。

低レベルの感情を抱いている間は、我々は他者に対して霊的に脆弱なのです。

エネルギーをごっそりと持って行かれやすい状況にあります。

自分が高レベルのエネルギーフィールドにあるとき、我々の周囲に防護シールドができ、我々はもはやその相手に対し脆弱でもなくエネルギーを持って行かれることもなくなります。

そのとき、相手のネガティブな感情エネルギーは当の本人にブーメランのごとく戻っていき、我々に影響しません。

 

ブッダの名言を引用します。

「憎しみは憎悪によって克服されない。憎しみは愛によってのみ克服される。」

 

本日の参考文献はこちら。

 

Letting Go: The Pathway of Surrender

Letting Go: The Pathway of Surrender