ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

ポジティブさと意思決定の相関関係と隠れた意味

前々回記事では意識レベル100以下の状態に基づいて意思決定を行った場合、そして前回記事では意識レベル100を超え200未満の状態に基づいて意思決定を行った場合にどういうことになるのかという話をさせていただきました。

 

それでは、意識レベル200以上の状態に基づいて意思決定を行った場合にはどうなるのかというと、ホーキンズ博士はこのように説明しています。

  • 勇気、受容、愛に基づいた平和な状態、純粋にポジティブな感情である。本質的に邪魔にならない。
  • この状態にあった場合、その状況に完全に集中し、それに関連するすべての詳細を観察できる。
  • 内面が平和の状態であるため、インスピレーションによって問題解決のための方策・アイディアが示される。

逆に言えば、意識レベル200以上の状態でない場合、自分の「インスピレーション」なるものなど「思いつき」以下でしかなく、当然のことながら信じてはいけないということです。

筆者も、自分の気分が落ちているとき(人間関係などで常に怒っていたとき)のインスピレーションには、ほとほとひどい目にあわされた…という実感があります。

 

さて意識レベル200以上の状態においては、自分のマインドが心配から解放された状態であり、「よし、自分はこの状況を良い方向に持っていけるぞ」と自信がある状態ですので、コミュニケーションや集中力という点で邪魔をするものがなくなります。

 

そして、自分と相手方お互いに利益になるように、つまりWin-Winの状態になることを前提として問題解決策を見出すようになります。

 

すると当の本人にかかわることで誰もが恩恵を受けるようになりますから、

  • 誰もがプロジェクト・取り組んでいる事項に力を貸すようになります。
  • その成功を全員で共有するようになります。※このことを、「自分の取り分が減るってことだろ」と思う方は、その時点でご自身が意識レベル200未満のネガティブな状態にあるということです
  • そのプロジェクトは、この社会に広い範囲で改善・利益をもたらすようになります。

 

この、意識レベル200以上の状態においては、他者のニーズも満たされると自分のニーズも自動的に満たされている、ということを発見できます。

エゴに邪魔をされない創造的なマインドが、誰もが利益を得て損失を出さない解決策を導くようになります。

 

では、どうしても、この問題の解決は無理だ! 

と感じざるを得ない場合どうしたらよいか、という話ですが、博士は以下のようにアドバイスしています。

「この場合は手放されていない感情があって、その感情が完璧な解決策を阻止しているということであるから、その感情と状況を完全に手放しサレンダーするとすぐに不可能が可能になる。」

 

これには、問題解決の手段が「自分がどうしてもやりたくないもの・選びたくない結果をもたらすもの」なため、それをやりたくないから目を背けてる ということも含んでいると思われます。

(恋愛でいえば別れとか、経営でいえば破産の道を選ぶとか)

 

本日の参考文献はこちら。

 

Letting Go: The Pathway of Surrender

Letting Go: The Pathway of Surrender