ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

コーラとスピリチュアル

意外に思われそうですが、デヴィッド・R・ホーキンズ博士が講義(スピリチュアルのほうの)に出られる際には、その机上にコーラが置いてあります。

 

ホーキンズ博士の著書「Truth vs. Falsehood」には、コーラ(銘柄問わず)の意識レベルが掲載されており、その数値は310と比較的高めなのです。

 

なお、飲み物として、コーラを超える意識レベルの飲み物はというと、緑茶です。

こちらは意識レベル350です。

コーヒーや紅茶などの掲載はなく、食べ物飲み物は全般的に意識レベル200とされているため、コーヒーなどはだいたいそのあたりとされています。

 

ただし、コーラは、当然ながら砂糖がどっさり入っておりますので、飲み過ぎには注意が必要です。

ホーキンズ博士は別の著書「Healing and Recovery」において、砂糖は避けたほうがよいと説明しています。

彼も実は糖質制限(ガチガチではなく緩めの)を推奨していたのです。

現代流行りの極端な糖質制限までは進めていませんが、ショ糖とお菓子はおやめなさい、と言っています。

 

ではなぜコーラを飲むのか?

一時的に自分の意識レベルをあげて、物質世界における活動をしやすくするため です。

仕事前に栄養ドリンクを飲んで自分に喝を入れる、的な感じと考えていただければいいのではないかと思います。

 

でも、ショ糖は避けたほうがいい…

では、いわゆるゼロカロリーものならいいのでは?

と思われるかもしれませんが、やはり著書「Truth vs. Falsehood」の情報からすると人工甘味料(人工的に作られた食べ物)の意識レベルは200を切っており、これまた人間に対して有益とは言えないのです。

なので、気合い入れのためにコーラを飲むなら、ノーマルのものを。(ゼロカロやトクホはNG)

だけどショ糖液みたいなものでもあるので、飲み過ぎには注意。

 

繰り返しになりますが、意識レベル200未満のものは人間の生命をサポートできずむしろ破壊する方向に動くため、徹底して避けるのが吉なのです。

 

確かに筆者も、超絶に波動が悪い場所に出向く時やそれに関連した業務のときは、無性にコーラが飲みたくなります。

しかし飲みすぎはやはり良いとは言えないため、あくまで外出時のカンフル剤として捉えております。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)

 

 

 

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)