ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

自分が望むものの近くに、我が身を置け。

先日ご紹介した記事

自己修復のプロセスを促進する基本原則 つづき - ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

の中に、こう書いています。

 

「望むものは「浸透」で手に入れよう。自分が望むものを持っている人のオーラに我が身を置け。」

 

そういう意味で、自分が本当に望んでいるものが不明なうちは、様々な人に会ってみるのもありだといえます。

 

逆もまた然りで、自分が望まないものを持っている人からは距離をおいたほうが無難です。

 

望むものを持っている人の近くにとはいえ、世の中、「奪って手に入れるのが普通だ」と思い込んでいる人も多いわけでして、そういう信念体系を当たり前に持っている人のそばによれば自分が奪われる側になる可能性もあります。

 

その辺の見極めはきちんとすることをお勧めします。

 

その理由は、上記記事のこの一文が指し示す通りです。

 

「類は友を呼ぶ。自分と同じ、あるいは類似したモチベーションを持ち自分の意識を拡大して癒す意志を持つ人々と付き合え。」

 

意識を拡大して癒す、という言葉は馴染みがないと思われますが、この言葉が指し示すのは「意識レベル200以上」=ポジティブ、人間を育みサポートするというマインドを持ちかつそのエネルギーフィールドに我が身を置く ということになります。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Letting Go: The Pathway of Surrender

Letting Go: The Pathway of Surrender