ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

ポジティブ性を重視すべき理由とは?

意識レベル200以上がネガティブとポジティブの境目であり、「臨界点」であるという話を前々回の記事(下記)でさせていただきました。

miyagilso.hateblo.jp

 

特に意識レベル200はポジティブに上がったばっかりですから、まだ、傲慢さなどのネガティブな感情も経験するステージではあります。

しかしそれは気にやむことでも恥じることでもありません。まだまだ、「ゴミがあるんですけど」と意識が教えてきているだけの話です。

意識レベル200以上には、そのゴミを処理する能力も備わっています。

 

ポジティブ性に入って、初めて、力を与えるという特性が出てきます。

 

そしてこの領域に入れるようにするために、特にこれはスピリチュアルを標榜する方は気をつけなくてはならないものと思われますが、心がけなければならないことは「真実を伝えること」です。

虚偽の意識レベルは200未満です。そう、嘘をつくということはそれ自体がネガティブ性を帯びていますので、「傷つけないための嘘」ならば「傷つけないための無言」のほうがまだマシといえます。

 

人は真実を伝えることによって再び力を得るようになります。

たとえ過去に嘘をついたことがあったとしても、これから、真実を伝えるようにすればよいのです。

まあ、会えなくなった人にわざわざ「本当のこと」を言うべきか? という点については、それは心の中で伝えればよいと思われますが。

 逆に言うと、嘘ばっかり言っていると、自分の力はどんどん弱くなるということです。

 

特にこのことは、病気から回復するためには、必要不可欠な事項となります。

アルコール依存症からの回復を目的とする自助グループアルコホリックアノニマス」というグループが世界各地にありますが、彼らの第一ステップは「真実を認めること」だったりします。

アルコホリックアノニマスの12ステップの第1ステップは「私たちはアルコールに対して無力であり、思い通りに生きていけないことを認めた」ですから。

アルコホリックアノニマスの意識レベルは540以上、超絶に高い意識レベルです。

 

その、人が「何かを認めていない/無力化している」ことを認めたとき、その人は突然強くなります。

 

自分自身が「目を背けているもの」に向き合ったとき、意識レベル200以上のエネルギーフィールドに身を置くことができるものと思われます。

意識レベル200以上にあれば、すべてのことを適切に処理できます。

そのとき、その人は物事に正面から向きあい、対処し、効果的な方法を取ることができます。

 

まずは心の中で向き合うだけでも、明日からの活動に大きな差が出てくると思われます。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)