ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

本当の「癒し」が起きるレベル。「無条件の愛」の特徴とは。

愛と一口に言ってもいろいろな種類がありますが、一般的に思い浮かべるのは男女の愛、つまり「ロマンス」のことではないかと思われます。

しかしロマンスそれ自体に霊的なレベルでの愛は全くないか、あってもごくわずかです。

そこには人間関係につきまとう執着やプライドや欲望などが複雑に絡み合うからです。

 

複雑に絡み合ったものを一つ一つシンプルに手放したところに、真実の愛が生まれるわけなんですが、その真実の愛の中でも相当な高レベルの「無条件の愛」についてご紹介します。

 

無条件の愛というのは、相手が誰であれ愛する状態のことです。

特にこのレベルにくると、ホーキンズ博士曰く、「箱ティッシュの箱から飛び出しているティッシュの端のカーブにすら美しさを感じるようになる」といいます。

 

このレベルの特徴で大きなものは「思いやり・共感」です。

アルコホリックアノニマス というアルコール依存症からの立ち直りを目指す自助グループがあるのですが、その自助グループの意識レベルは540以上とされています。

もっとも、世界各地にあるアルコホリックアノニマスグループの個別ごとの意識レベルは、その運営者等によって大きな差が出てくることは想像にかたくありませんが、少なくともアルコホリックアノニマスの「理念の」意識レベルは540以上であり癒しが起きるレベルなのです。

 

このレベルにある人々は外野にエネルギーを与え、生き生きと生きています。

彼らのそばにいることで、自分もまた癒しを受け取れるようになります。

なのでこのレベルにある人のそばにいるのが望ましいのです。

…もっとも、このレベルは世界全体の0.4%しかいないと言われているので、探すのも至難の技ではあります。

 

このレベルにあり続けると、意識の変容、内なる静けさ、思いやり(共感)が始まります。

確かに、言われてみれば、このエネルギーフィールドに浸かり続けることで「魂レベルも変わるな」という感じはします。

 

本日ネットニュースで「性犯罪者の再犯防止のために何が有効か」という趣旨の記事が載っていましたが、アルコホリックアノニマスの精神にもあるように、性犯罪者は「もう性犯罪をやめられない」状態にあるというならば、もうこのエネルギーフィールドに漬けるしかないような気もします。

 

余談ですが、ホーキンズ博士の意識レベル測定調査で「高レベル」とされた聖者の一人にかの有名なマハトマガンジーがいます。

彼は暗殺された際に、手のひらを額にあてたと言われています。

これはイスラムの動作で「君を許すよ」という意味だそうです。

これもまた、意識レベル540を超越した聖者だからこそできたことかもしれません。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)

 

 

 

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)