ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

「教育」を行うとき、受けるときの注意点。

この時期は新卒の野球選手がプロ野球入りして練習を…、というニュースを聞くようになります。

筆者はスポーツ自体に興味がないので野球選手の話題などあまり詳しくはないですが…

 

プロ野球入りして頭角をあらわす選手もいますが、「あれ? 高校野球であれだけ活躍したのにもう戦力外?」と思ってしまうような選手もいます。

そういえば名前を聞かなくなったな、的な。

 

野球だけでなくスポーツはそれこそ「マインドに留められたことが現実化しやすい」を地で行く世界となります。

マインドにポジティブ(勇気、中立、意欲、受容、理性などなど)な考えを抱けば筋力が強くなるという性質があるため、スポーツでも好成績を残すことが期待できます。

しかし、マインドにネガティブ(恐怖、怒り、傲慢さ、悲しみ、無気力などなど)な考えを抱くと筋力が弱くなるという性質があり、これではスポーツで好成績を残すどころか怪我をして休場という憂き目に遭うこともあります。

 

実際、フレッシュな新卒プロ野球選手がコーチやどこぞの評論家などに恫喝され、その後しばらく成績を残せなかった という話は枚挙にいとまがありません。

 

スポーツに限らず、成功する人というのは、自分が成功すると信じて疑わないことが多い(しかしそのことを外部に話すことはない)とも言われています。

 

このように、マインドのパワーとは強力なのです。

その「思い込み」だけで人生を左右させる力を持っています。

 

その思い込み(特にネガティブな)を作ってしまう原因が、親や教師や監督・コーチだというケースも限りなく存在します。

だから博士は「親や教師など社会から刷り込まれた信念体系を捨て去れ」と言っているわけです。

 

素直な子ほど、親や教師などからのネガティブな信念体系の刷り込みを真に受けてしまい、その後そのネガティブ性に苦しむことがあります。

 

教育をする側もされる側も、「これは自分を制限する信念体系の部類に入らないだろうか」とチェックするといいのかもしれません。

一番は、「自分の人生の決断には自分で責任を持つ」ことを、特に教育を受ける側が決意することのように思われます。

 

意外と、子供の頃親や学校の言うことを聞かなかった「憎まれっ子」が社会で成功するということもままあります。

それも信念体系を受け入れなかったことがプラスに転じたということだといえます。

 

教育する側の方々、どうか、子供の素直さと純真さに甘えて、自分のストレスのはけ口にすることだけはやめてください。

これは暴力に限った話ではなく、妬みなどの感情から「その子の能力を殺ぐよう」な進路をあてがい才能を潰す方向に仕向けることも含みます。

そんなことをやったら相当なネガティブカルマを積むことになりかねません。

 

マインドや筋力の話はこちらの参考文献をどうぞ。(英語ですが)

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)