ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

刷り込みの「被害」とそこから抜け出すまで。

世の中には各種「成功法則」とか「霊的真理」とか、あるいは「スピリチュアル」とか…、これを売り物にする人々も多く存在します。

現代では、これを「金になるから」と、自分自身の霊的成長はさておき魅惑的なキャッチコピーを作ることに腐心し肝心の「真実を伝える」作業から遠く離れてしまう面々があまりにも多いです。

ぜひ、気をつけてください。

 

ここから先は、また筆者の失敗談になります。

 

筆者がホーキンズ博士の教えと出会ったのが2012年、東日本大震災の翌年であり、当時筆者は仕事のために月の半分以上を宮城県の沿岸部で過ごす日々でした。

被災者の方々に対する冒涜になりかねないので詳細は省きますが、霊的な障害をだんだんと感じるようになっていったのです。

そのときたまたま本屋で手に取ったのが博士の和訳本「パワーか、フォースか」でした。また当時、同時に購入したのが「人は死なない」(矢作直樹氏著)「天使の声を聞く方法」(ドリーン・バーチュー)「アセンションの超しくみ」(ヒカルランド)などその系統の本を10数冊購入した記憶があります。

「パワーか、フォースか」はかなり難解ではありましたがとにかく光るものを感じ、この本だけは時間がかかりましたが1年かけて読みました。

他の本は数時間で読みましたが、早く読めた分、引越しと共にどこかへ姿を消してしまいました…。

 

当時は、生まれた頃からずっと「偽物」に取り囲まれ続けていたので、偽物の情報に接したときのダメージもよくわからなかったのですね。

(今は少しでも「偽物」に接するとダメージが大きいと実感しますが)

 

しかしホーキンズ博士の情報は、当時の筆者からするとこの1冊のみ。

しかも、あとでわかったことですが、誤訳や意味の取り違えが結構多い訳著となっていたのです。

筆者は「もっと何か情報発信している人はいないか」とネットで検索したところ、ある人物にたどり着きました。

 

その人物が販売する、ホーキンズ博士の著書などをまとめた情報商材などを購入しているうち、彼の発信するメールマガジンに「H」というネットでビジネスを展開する人物の情報が紹介されていました。

「自分がこれを紹介しても一銭の得にもならないけど、有益だから」という理由で。

その後この人物…「E」としますが、E氏はユーチューバーとして稼げるという内容の商材をセミナー販売するようになり、その後発信する情報もどんどん質が下がっていきました。

 

筆者はここで、E氏が絶賛していたH氏というものの教えを見てみようと思い、グループコンサルに入ることにしたのです。

金額は150万でした。

 

…結論から言えば、やられました。

話す内容といえば、自分が作ったチラシの自慢であるとか、あるいは参加者をいじるとか。くだらない下ネタも多かったように思われます。

(このブログをお読みの方ならピンときたかと思いますが、こうした低波動なネタは、たとえ冗談のつもりであっても口に出すということ自体、その存在を認め受け入れたことになってしまい、言う本人と周囲に悪影響を与えます)

筆者は、当時霊的障害が原因でかなり太っていたのですが、そのことを公衆の面前で執拗にからかわれたことがありました。

その上位に「仙人」などと名乗る輩がいるのですが、聞くところによると、弟子の有り金を1円残らず巻き上げるのだそうです。

(この情報を得られたことが最大の利益だと思っています)

 

そして、関わるようになってから、売上が半分に下がっただけでなく、本来ならば取り合わずに門前払いを食らわせるレベルの輩が次々とブローカーのごとく寄ってきて離れなくなってしまったのです。

つまり、よくないものを次々引き寄せる羽目になりました。

 

現在ではその元凶ともなった相手方には絶縁を申し入れてメールマガジンもすべてストップし、その手の情報を発信する「お仲間」についても一切SNSなどを見ないように設定しました。

それでもその低い波動の刷り込みから完全に抜け出すのに1年以上はかかりました。

抜け出すことができたのは、このブログを真剣に書くようになったこと、その過程で博士の教えに真剣に取り組むことで良し悪しを少しは判別できるようになったからだといえます。

 

しかもその後遺症で、当時使っていたメールアドレスには今でもくだらない内容のスパムメールがたくさん届きます。

その関係者の誰かが個人情報を流しているのでしょう。

 

パワーか、フォースか の和訳版は版元が変わりましたが今でも販売されています。

 

パワーか、フォースか 改訂版 ― 人間の行動様式の隠された決定要因 (覚醒ブックス)

パワーか、フォースか 改訂版 ― 人間の行動様式の隠された決定要因 (覚醒ブックス)