ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

ネガティブな教師からは身を引け。たとえその人物が真実を語っていたとしても。

以前に書いた記事「刷り込みの「被害」とそこから抜け出すまで。」は現時点で当ブログアクセス数2位にあがっています。

miyagilso.hateblo.jp

 

ここでご紹介した人物はビジネスに関連したコンサルタントではありましたが、この会社ではマインドセットなるものも販売していましたので、霊的にどうなのかという観点から観察することは重要と判断しました。

 

こうした輩を推薦するほうも推薦するほうです。

 

基本的に、金儲け自体は、意識レベルがネガティブでもできることはできます。

(しかしポジティブなエネルギーフィールドから行ったほうが労力も霊的ダメージも少なくて済みます)

 

ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」には、これに関連して、結構とんでもないことが書いてありました。

 

意識レベル200未満のエネルギーフィールドにある教師の教えに関わると、ネガティブな経験をすることは明らかです。それとは逆に、高いエネルギーフィールドにあり、高い意識レベルで測定される教えに関わるということは、愛によって救済されるでしょう。愛は霊的な災害に対する最良の保険なのです。教師、そしてさらにその教師、またその教師が書いた本の意識レベルはキネシオロジーテストで測定することができます。ただし、意識レベルが高いか低いかとその教師や教えが「正しいか悪いか」は別問題です。

 

 

最後の一文、

「意識レベルが高いか低いかとその教師や教えが「正しいか悪いか」は別問題」

 というのは理解が難しいかもしれません。

実はホーキンズ博士は、意識レベルが低い教師やその教えを「この世から排除しろ」とか「殲滅しろ」とかいう話は一切していないのです。

ただ、避けなさい とだけ言っています。

(むしろ、低いものと対峙して戦うことは危険だと警告しています)

 

そして、世の中の教師のおよそ95〜96%は意識レベル200未満、つまり避けるべきものだと博士は指摘しています。

結構危ない世の中になっているのです。

 

しかも、こういう人たちほど「弁がたつ」ことが多いため、霊的に未熟だと「人間のマインドは善悪の区別がつかない」ことも相まってコロッとだまされてしまいます。

そのとき、いわゆる信念体系の刷り込みが始まり、相当な努力がないとそこから抜け出せないという状態に陥ります。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)