ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

「心がときめく」の意識レベルはいくらくらいか?

片付けで有名な「こんまり」さん、最近ではアメリカで大人気なんだそうですね。

素晴らしいです!

同じ日本人としてアメリカに一矢報い…おっとっと、ぜひ頑張っていただきたいところです。

 

さて、こんまりさんがいう「心がときめくものだけを残そう」ということなんですが、この「心がときめく」の意識レベル、そしてそのときの当の本人のエネルギーフィールドはいかばかりか? という話をさせていただきます。

 

心がときめく、というのは、ホーキンズ博士の「意識のマップ」内にある言葉に置き換えると「喜び」がそれに一番近いものではないかと思われます。

 

意識のマップを再掲します。

f:id:miyagilso:20180504152310j:plain

意識レベル540です。

意識レベル540というと無条件の愛もそれにあたりますし、気づいた方もいるかもしれませんが「癒しが発生し始めるレベル」です。

 

明らかに、従来のアメリカ式の「とりあえず買っといて溜めとく」的なやり方は、エネルギー的に良質とはいえないと思われます。

その行動によって、本当にその物を必要としている人が手に入れられなくて苦しむ、ということもありえますからね。

 

一応、「心がときめく」で気をつけてもらいたいのは、高レベルのエネルギーフィールドをこしらえた直後にはエゴが自分の生き残りをかけて知らず知らずのうちに攻撃をしかけてくるのが常ですのでそこには注意が必要です。

エゴは「自分の生き残り」をかけて多種多様な攻撃をしかけてくるからです。

 

例えば、心がときめくもの=某スーパーブランドのバッグは残しておこう、と思ってそれを手元に残したとします。

しかしそれは誰もが認めるスーパーブランドゆえに、それを所持している自分が何か特別な存在になったような気がして、つい他人と比較してしまう。

街を歩いていても、カフェに行っても、「私が身につけているほうが素敵だわ」とちょっとでも思ってしまう。

 

これはネガティブへの入り口です。

 

こうしたエゴの動きは、高レベルのものを感じ取った瞬間に出てきますから、常々注意と観察と手放しが必要になります。