ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

食欲を減らす方法

ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」には、「飽くなき食欲から解放される方法」も紹介されており、それは第6章と第11章に書かれています。

 

特に第11章は「体重を減らす」というお題のため、どうやって過食を防ぐか? という話も紹介されているのです。

(ただしここに書いてある内容は、食べることが大好きな筆者としてはかなり厳しいことが載っています)

 

今回は、第6章からの内容をご紹介します。

 

食欲を減らす方法は、セクシュアリティを取り扱う方法と同じとしており、それは、

「低い(=意識レベル200未満の)エネルギーを放棄する」

 

低レベルのセクシュアリティから脱出し高レベルからそれを経験する方法としての記事がありますので、一度、下記記事をご覧ください。

miyagilso.hateblo.jp

 

「渇望」を覚えたときに、その渇望に対して何もせず、対抗もせず、その経験に対して抵抗もしないのであれば、その渇望(その他ネガティブな感情)は減っていき、最終的には消えていきます。

If it is allowed to just be released and flow without doing anything about it, without opposing or resisting the experience of it, it begins to decompress.

 

ただし、「それでもお腹が空くとき」は、食べても良い とのことです。

そのときの「食べる喜び」もまた、高レベルからくるものであるので、しっかり経験するように、とのことです。

 

低レベルのエネルギーにさらされたときに食べたくて仕方がなくなる、というのは筆者もこの人生のなかでうんざりするほど経験済みであり、未だに低レベルのエネルギーが渦巻く場所へ出向かざるを得ないときなどはなんでもいいから食べないと生きた心地がしないという状態になります。

そして、「なんでこんな物食べたんだろう」と後悔してしまうのです。

 

低レベルのエネルギーフィールドにさらされているということみたいですね!

 

本日の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)