ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

人生で何度とないような大きなアクシデントに遭遇した時。

さて本日は熊本地震発災の日でもあります。

亡くなられた方々に心からお悔やみ申し上げるとともに、被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

 

筆者も東日本大震災を経験して一つ思うことは、人生で大きな危機に直面し心がかき乱されているときに対して慰めの言葉はほぼ何の役にも立たないということです。むしろ、うるさいと思われても仕方がないかもしれません。

しかし、悲しみにくれ混乱している人を目の前にしては、思わず励まさずにはいられないことでしょう。

 

ですがそこからの立ち直りは、やはり、最終的には自分で行うしかないようです。

 

ホーキンズ博士は、このことについて一章を使って説明しています。

何度かにわけてご紹介したいと思います。

 

In the time of acute catastrophic experiences, life abruptly becomes a nightmare, and one is suddenly overwhelmed by an emotional storm. However, techniques are available to handle these acute events, to shorten their duration, to relieve the pain and suffering, and to diminish the stress to the minimum.

急に発生した悲劇的経験のときには、人生が突如悪夢に変わり、そして人は突如感情の嵐に圧倒されることになる。しかしながら、これらの急な出来事を処理し、その期間を短縮し、痛みや苦痛を和らげ、ストレスを最小限にくい止めるテクニックもまた存在する。

 

 

そのテクニックとは、このブログを以前よりお読みのかたならすでにお気づきかとは思いますが、主に内観(感情を認識し手放すこと)になります。

博士は今回のようなケースにおける対処方法を、「Letting Go」の時よりもかなり具体的に説明しています。

 

 本日の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)