ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

衝撃的な出来事に対して理屈をつけようとするとこじれる。

先日も池袋で高齢者による自動車事故があったと聞きました。

お亡くなりになった方には心からお悔やみ申し上げます。

 

このように、突然の事故、災害、それから人間関係のトラブルに見舞われたとき、言うまでもありませんが当事者は圧倒的な感情に襲われます。

ショック、憤り、絶望、不信感、怒り、驚きに始まり、時間が立つにつれ罪悪感、恥、絶望と諦め、世界に対する怒りなどに変わっていきます。

 

この感情を経験するということは非常につらいことであり、スピリチュアルの世界ではこのことに対していろいろな意味付けをすることで心の痛みを和らげようという試みもあります。

 

ですがこうした出来事が起きる意味というのはホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」に基づくと、大別して2通りくらいしかありません。

カルマ的要因か、自分のエネルギーフィールドの投影か、どちらかです。

カルマ的要因というのは、生まれてくる課題設定の段階で「だいたいこの時期くらいにこういう経験をする」と決めているであるとか、あるいは過去生(意外に思われますが博士は過去生はあるという見方をしています)の人生の影響を受けているであるとか、ということです。

 

いずれにせよその出来事からは逃げられないということでもあります。

(ただ、自分のエネルギーフィールドを上昇させるよう努力するなどしているうちに、自然と解決=発生させなくても課題終了とみなされることはあります)

 

それに対して、衝撃的な出来事と、それについて感じた自分の感情についてあれこれ頭の中で理屈をつけることで心の整理をつけようとする人が(かなり)います。

 

これは、失敗に終わるよ、と博士は言っています。

 

そもそも論として、その理屈=思考自体が、自分が今浸かってしまっているネガティブなエネルギーフィールドからくる産物でしかないからです。

ネガティブな視点からネガティブを鳥瞰しようとしても目線が同じだからできるはずがありません。

理屈で感情を処理しようとするなら、現在よりも数段高いエネルギーフィールドに入り込み、そこから物事を見るほうが、効果的なのです。

 

 

本日の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)

 

 

 

Letting Go: The Pathway of Surrender

Letting Go: The Pathway of Surrender