ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

人生の危機に潰されることなく「肥やし」にするには。

「人間、死ぬこと以外はかすり傷」という言葉がありますが、それでも人生の危機に圧倒され自ら命を絶つ方やそこから何も「得る」ことなしに人生を終えてしまう方も多いものです。

 

ホーキンズ博士だったらこういうときどういうかといいますと…。

 

Acute catastrophes are the times when we make great leaps, when we face them directly and fixedly say, “I will not veer from this spiritual work.” Now we are really confronted with truly spiritual work. It is not reading some pleasant-sounding phrases in a book or looking at some happy picture. Instead, we are right in the thick of it, in the teeth of it. The teeth of spiritual work occur when we are confronted with that which we cannot avoid. It is the direct confrontation that requires a leap in consciousness.

急激な大惨事とは、我々がその大惨事に直面し(面と向き合い)「私はこのスピリチュアルワーク(スピリチュアルな作業)から絶対に逃げない」と宣言するとき、我々が大いなる飛躍を遂げる時である。今や我々は本当のスピリチュアルワークに向き合っている。それ(スピリチュアルワーク)は耳ざわりのいいフレーズをうたう本を読むことでも幸せな絵を見ることでもない。そうではなく、我々は人生の危機のど真ん中にあり、それに真正面から立ち向かうのである。我々が、避けることのできないその大惨事に直面するとき、スピリチュアルワークに立ち向かうことができるのである。人生の危機に真正面から立ち向かうことは意識の飛躍を必要とする。

 

「逃げちゃダメだ」ってことですね…

そして、具体的な解決策を探す前に、感情とその根底にあるネガティブなエネルギーを手放すことです。

マインドは具体的な解決策を探したがりますが、マインドの考えること=思考自体が各種問題を引き起こすネガティブなエネルギーから来ているため、マインドの考えるままに振り回されると前進することができません。

 

もっとも、そのマインドのぐちゃぐちゃな思考を「味わい尽くす」こともまた、経験の一つではあるのですが。

 

本記事の参考文献はこちら。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)