ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

【平成最終日に際しておさらい特集】エネルギーフィールドがネガティブだと、問題が発生しやすくなる。

スピリチュアルな教えの中には「トラブルも歓迎すべきだ」「嫌なことから逃げてはいけない(というか甘受しなさい)」という趣旨の教えも結構見受けられます。

まあ言いたいことはわかるのですが、いつまでもいつまでも同じ内容のトラブルを繰り返しているのはアホと言わざるを得ません。

 

賢者は他者の経験から学びます。凡人は己の経験から学ぶことになります。

どうしようもない輩はいくら自ら経験しても改められません。

 

さてトラブルが多発するときというのはたいていの場合、その人の成長に必要だから という言い方もできます。

ホーキンズ博士の教え方はまたちょっと違いまして、「押し込めた感情を放出させる放出弁として、トラブルが発生するのだ」という言い方をしています。

 

どういうことかというと、子供の頃何か鬱屈した怒りを抱えている(学校でいじめられているのに学校も家族も一切動いてくれない 等)とき、無事に学校を卒業して社会人になったのに、なぜかセクハラパワハラに遭い続けるという人がいます。

学校時代に受けた仕打ちと社会人になってから受けた仕打ちに若干の差異はあれど、こういう方は最近目立ってきているような気もします。

 

これは、昔鬱屈した怒りを表現し放出するために、マインドがわざとトラブルを呼び寄せているのです。

こういう場合、自分の物心ついてからのネガティブな気持ちを一つ一つ見つめて手放さないと、また似たようなトラブルはどこにいっても発生します。

この状態で転職を繰り返せばだんだん条件も不利になり、それこそ貧困まっしぐらとなりかねません。

 

筆者は実は学校時代の記憶がほとんどなかったのです。

同級生に「昔いろいろしゃべったよねえ」と言われても、「そう? アンタは今の私にすがりつきたいから適当に言い訳作ってんじゃないの」という程度でした。

それは、物心ついた頃からの怒りその他ネガティブな感情がそうさせていたのだと、昨年手放しを実践していてやっと気がつきました。

 

「なんでこんなことが起きるんだよーっ」と叫びたくなるとき、ぜひこのブログの内容を思い出してください。

そして、どこかネガティブなエネルギーフィールドに自分の意識が浸かっている可能性が高い とみたほうが無難です。