ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

【平成最終日のこぼれ話】モーツァルトの音楽の意識レベル

英才教育によく使われる「モーツァルト」の音楽ですが、彼の音楽はおしなべて意識レベル540という高い数値を保っています。

 

意識レベル540ってそんなに高いの?と思われるかもしれませんが、スピリチュアルな教え等とは関係なしに作られた作品として意識レベル540以上となると相当な数値と見るのが正確です。

 

英才教育に使われるだけのことはあるな、という気はします。

 

しかし。

実はクラシック音楽としてモーツァルトが最高レベルかというと、実はそうでもないのです。

 

他にモーツァルトよりも意識レベルが高いクラシック音楽はというと…

 

チャイコフスキーの曲 意識レベル550

プッチーニの曲 意識レベル550

パッヘルベルの曲(カノンに限る) 意識レベル690

クリスマスキャロル 意識レベル550

 

そんなところです。

 

有名なバッハの曲は意識レベル530です。

スピリチュアル的に、癒しが起きるレベルは540以上とされています。

バッハもいい曲が多いですし意識レベル530は非常にいい数値なのですが、無条件の愛というレベルには少々足りず、惜しいですね。

 

さてここで特筆すべきは、「カノン」の意識レベルの高さです。

特に、432Hzで調整されたカノンは聞いていると涙が出そうになります。

筆者がメルマガをやっていた頃、「ぜひカノンをお聴きください」と強力プッシュしたものでした。

結局そのメルマガは続かなかったのですが、それ以上の情報提供をこのブログでやっているつもりです。(逆に言えばメルマガ自体がヘタレだったということ)

実際、当時のメルマガ登録者数よりも、このブログの1日のアクセス数の方が断然多いですしね。

 

心が疲れたとき、ぜひ、カノンを聴いてみてください。

 

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)

Truth vs. Falsehood: How to Tell the Difference (English Edition)