ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

種類は違えど、恐怖のエネルギーは一つである。

エネルギーとかパワーとかいう話をすると、スピリチュアルを勉強されている方からは「それはなんていう名前のエネルギー(パワー)ですか」という質問を食らうことがあります。

 

しかしそういう名前付けに労力を費やすのは霊的成長の邪魔になります。

 

例えば、恐怖 一つとってみても、これも一応エネルギー(力学)の一種ではありますが、表向き恐怖の内容が違っていても恐怖のエネルギーに変わりはなく、そのエネルギーのほうに取り組むことが重要になります。

 

個別事案についての恐怖にいちいち取り組んでいるとキリがないようです。

ホーキンズ博士の著書「Healing and Recovery」より引用します。

 

Characteristic of all of this is the energy field called Fear. Fear of ‘what’ is really immaterial. We have to learn to look away from the thoughts and look instead at the feeling. We actually have to look below the feeling to the energy field out of which the feeling is originating and then learn how to handle this energy field. When we do this, we lose our fear of fear, and as that happens, we begin to learn how to handle fear directly. It is an extremely simple thing to handle once we are familiar with some rather easy techniques.

これらすべての性質は恐怖と呼ばれるエネルギーフィールドである。「何」に対しての恐怖かという点については実際には意味のないことである。我々は思考から離れ、感情を見なければならない。我々は実際には感情の根底にあり感情の源泉ともいえるエネルギーフィールドを見て、それを扱う(手懐ける)方法を習得しなければならない。我々がこのことをするとき、我々は自分自身の恐怖を失い、我々は恐怖を直接手懐けることを覚え始める。一度扱いを覚えてしまえば我々は非常にシンプルで楽なテクニックを習得することになる。

 

簡単に言うと、

「何にでも恐怖を感じる要素が自分の中にあって、その要素というものがエネルギーフィールドである。

 そいつを引っ張り出して手懐けてしまえばよい。」

ということになるかもしれません。

誤解を恐れずに言うならば、ですが。

 

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)