ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

スピリチュアルでは「死は存在しない」と言われるゆえん。

ゴールデンウイークも終盤にさしかかり、霊的ワーク三昧の筆者ではありますが、ご近所の方などに請われて除霊チックなことをやったりしています。

除霊といっても、そもそも「おばけ」なるものは存在しない、とホーキンズ博士の調査で出ているのですが、どちらかというと博士も警鐘を鳴らしている低次元アストラル対策といったところですね。

その話はまたの機会に、というところで、本題に入ります。

 

「死は存在しない」と言われたら、大抵の方は、「何言ってんだこいつ」となります。

それはそうです、人間はいつか死を迎えます。

ところで、人間の本体ってなんだと思いますか?

我々人間の本体は肉体ではなく「魂」、もっと言えば「意識」です。

肉体は仮の姿にすぎません。

 

これを、「いや、今実際にこうして(地球上で)生きているのだから、肉体=物質こそ全てだ」と思っているなら、その考えは今すぐ改めるか、このブログとさよならして適当に生きていただくかのどちらかになります。

 

このブログでも何度か書いたのですが、人間は霊的成長のために地球上に「降りてきて」います。

降りてくる?どこから? という話ですが、宇宙には広大無限の意識があり、まさに「なんでもあり」の様相を呈する場所です。

我々が今いる地球もそのエネルギーフィールドの一部です。

願望実現といって欲しいものを思い浮かべるとき、本当にそれが手に入った!というならば、意識がその願望に応えたということになります。

 

人間の本体が意識であり、これは何をもってしても絶対に消すことはできません。

いわゆる「成仏」という言い方ですが、この意識が広大無限な意識(これをいわば神と呼ぶことになるのですが)に戻っていくだけの話です。

ホーキンズ博士はこれを、「一滴の水が大海に落ちるようなもの」と表現しています。

一滴の水が大海の中に落ちれば、もう、その「一滴の水」を識別することはできなくなります。

我々は地球上で経験したデータを常にその意識(アカシックレコード)に送り込む存在でもあります。

 

要は私たち、神様の手駒、道具でしかないのですよ(笑)

 

そのことを、地上にいる人間のほとんどは、理解していません。

なぜか? 出産と同時に綺麗さっぱり忘れるようにできているからです。

そして、地上にきた課題として、エゴという名の様々なネガティブの諸悪の根源を携行させられるのです。

ここからでるネガティブ性を一つ一つ潰していく、というのもお役目の一つです。

 

そのことを理解しないまま死んでしまうと、いつまでも「自分=(生前名乗っていた名前)=(生前ついていた社会的地位・職業)」の仮の姿を手放すことができないで苦しみ続けるということになります。

 

 

参考文献は多すぎるので今回は省略します。

意識のマップでも眺めて、自分がどこにいてどこを目指さなければならないのかの参考にしてください。

f:id:miyagilso:20180504152310j:plain