ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「恥」(LOC.20) その6

恥というレベルは地獄の底のごとく苦しく、生きているのも苦痛というレベルではありますが、霊的進歩に至る寸前で起きるものとは別な理由でも発生します。

 

カルマ という考え方(今は「因果応報」くらいにしておきますが、本来「カルマ」というとその魂に込められた情報のパッケージのこと)がありますが、カルマには人の最高最善に貢献するポジティブなカルマと人の霊的成長の足を引っ張るネガティブなカルマとがあります。

 

…筆者はこの点、博士の原書を読んでいて、「運気貯金」「運気借金」という表現がこれにぴったりな気がしています。

 

それまで意識レベルが高い状態にあった人が突如このレベルに落とされるということがあるが、それは、ポジティブなカルマを使い切ってしまったことに由来することがある。

 

…と、ホーキンズ博士の著書に紹介されているのです。

 

要は、運気貯金と呼ばれる、それまで良いことをしてきていわば「徳積み」(陰徳)をして積み上げた貯金を一気に取り崩すようなことをしていなかったか?

ということのようです。

 

それまで特段に心当たりもないのに突如重大な、心が重くなる出来事に遭遇した…

という場合、まああまり言いたくはないのですが、運気貯金を使い果たしてしまって運気借金をしている状態になってしまっているかもしれません。

 

ポジティブなカルマが多いかネガティブなカルマが多いかはキネシオロジーテストで確認できます。

本人らに正しい心があれば、ですが…。

 

お金持ちの家に生まれてきた等で物心ついたときより何一つ不自由ない暮らしをしてきて特段の徳積みもしていない、立場の違う人に対する思いやりもなければ理解もない、否、自分が今まで見聞きしてきたことが人生の全てであり他の意見や立場など理解するに値しない…などと当たり前のように思いながら生活していると、ある日突然…。

 

となりかねません。

 

もっとも、毎日が楽しくて学びの必要もなければ、このブログにたどり着くこともないとは思いますが。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)