ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「罪悪感」(LOC.30)その9 罪悪感を超越するには

ホーキンズ博士は、罪悪感を超越(乗り越える)ためには、ものの見方を別の角度から見る技術を身につけるのがよいとしています。

 

そしてそこには、「霊的な援助」が必要だ、とも。

要は、意識レベル540以上のハイパワーに触れつつ、ものの捉え方・見方を直していかないと乗り越えられないよということのようです。

 

今特定の出来事で罪悪感を感じている方からすれば、「ものの見方や解釈を変えるなんてそんなことできないよ」と思われるかもしれません。

特に、交通事故の加害者となってしまった。噂の「プリウスアタック」をやってしまった。(筆者のMacがこの単語を打ち終わる前から予測変換していたのが不思議で仕方ありません…)

なんていうとき、怪我が元に戻るわけじゃなし、自分の立場が事故前に戻るわけじゃなし、まして犠牲者を出したというなら犠牲者が戻るわけじゃなし…、と思い込んでしまうのも無理はありません。

(何度も言いますが、こういうとき、物理的な賠償を全然しないで「許してください」はナシですよ。現実面で対処できることはやらないと、無意識の罪悪感はうごめき続けます。)

 

その方法としてオススメされているのが、「奇跡のコース」と呼ばれるものでして、これはテキストとワークブックからなります。

特にワークブックは人間の信念体系を打ち破り愛に基づく視点を身につけられるようになると言われております。

 

それを進めていくと、いつの間にか、「私は物事を別の見方をしている」と思えるようになっていきます。

 

ちなみに筆者は、奇跡のコースを軽く2巡して、あまり意味がつかめないうちに放り出してしまいました(苦笑)

そうしないと、いつまでもホーキンズ博士の原書を読み進めていけないというのが大きな理由でして…。

博士の本を熟読しているほうが、気づきが多くて癒されるんですね。

自分がコンプリートしてもいないものを勧めるなんて…と思われるかもしれませんが、ホーキンズ博士の原書よりも奇跡のコースの意識レベルのほうが一般的には馴染みは良いので書店で見かけたら一度試してみるのもいいと思います。

 

なお、奇跡のコース、テキストの意識レベルは570、ワークブックの意識レベルは600です。

ホーキンズ博士は「奇跡のコースはワークブックだけやれば良い」と言っているようですが、これだと奇跡のコースの言わんとしているところを理解できないので、奇跡のコースをやるんだとしたらテキストは一応読んでおいたほうが良いと思われます。

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)