ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

エゴの罠 その1:エゴの栄養源

前々回までの記事は「Transcending the Levels of Consciousness」のうち「罪悪感」の章を取り上げていましたが、その中でエゴの働きについて解説した箇所があります。

これらは「意識レベルについて」として紹介するよりもエゴ関連として紹介したほうがわかりやすいと思い、カテゴリもタイトルも別にしました。

 

人間は生まれた瞬間に「エゴ」という幻を肉体とともに預けられる仕組みになっている、といわれています。

このエゴがネガティブな感情の生みの親、というべき存在です。

 

ホーキンズ博士は、このエゴを、「ただ死に急ぐだけの役立たず」と切って捨てています…

 

ところで、「ネガティブ性を手放せ」という話を再三してきました。

大抵の人も、ネガティブ性を抱えていても何もいいことはないということは重々、あるいは薄々気づいているはずです。

にもかかわらず、なぜネガティブ性はなくならないのでしょうか。

 

これは、エゴが、ネガティブ性から「秘密の報酬」を得ているからだ、と博士は指摘しています。

秘密の報酬とは、たとえば貧乏であることについて「金が全てじゃない」(確かにそれはそうなんですが、霊的成長と金銭は関係ないという意味なのか、それとも自分の霊力不足の言い訳としてお金をディスっているのかでこの発言は大きく意味が変わってきます)とか「社会ガー、上司ガー、会社ガー、学校ガー」と何かのせいにするとか、これがエゴにとっての「報酬」(=甘い汁)になります。

 

この秘密の報酬、甘い汁がエゴの唯一の栄養源です。

この秘密の報酬がなくなり、人間が自分で自分の心のあり方と選択・生き方に責任を取り始めると、エゴは居場所がなくなってしまいます。

なので、エゴは、極度に自分のにしたがって罪悪感を発生させたり、逆に何かトラブルを他者(世界)のせいにしたりして内なる偉大さから目をそらさせようとします。

 

武装勢力と一緒で、エゴは許しとか共感とかが大嫌いです。

 

また、エゴは、「正当な怒りというものは存在しない」という言葉も大嫌いです。

「は!? 凶悪犯罪を起こした加害者に対して怒らないのは正当とは言えないじゃないか!!」と思われそうでもあります。

しかしこうして反論を出したくなること自体がエゴの罠でして、いろいろな事例を持ち出して「あれはどーなのよ!? これはどーなのよ!?」と本人にいろいろ議論をふっかけようとするのもエゴの仕業だ、と博士は指摘しています。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)