ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

番外編:パワースポット化の注意点、その他「エセスピ」系を家に置くことの危険性

前回記事で、「パワースポット化に使う写真等は意識レベル540以上である必要がある」と話しました。

 

意識レベル540以上というのが、霊的に癒しをもたらすレベルだからです。

また、低次元の影響がなくなっていくレベルであるとも言われています。

(ただ、筆者の感覚として、絶対の悟り=完全なるエゴの死 というレベルである意識レベル850は欲しいところかなとは考えています)

意識レベル850未満では、やはり、エゴ&低次元アストラルと呼ばれる「ヤバい系」からの悪影響は避けられないといえます。

 

とはいえ意識レベル850以上というと、聖者としてはイエスキリスト、モーゼ、ブッダ、クリシュナの他には黄檗とかくらいしかいません。

一応、ホーキンズ博士は、意識レベル850越えは果たしています。

正直言って、写真ではなく「想像して絵で残す」というくらい大昔の人物なので、彼らの肖像画や偶像を飾ろうとは考えないほうがいいかもしれません。

(筆者も数年前にトライしましたがうまくいかなかった様です)

また、書籍についても、ホーキンズ博士の「わたし 真実と主観性」の原書のほうか、現在ご紹介を続けている「Transcending the Levels of Consciousness」くらいでしょうか。

意識レベル700台の聖者なら、ラマナマハルシに代表されるように、写真技術が登場したあとの時代にも結構いるのですが…。

 

なお、チャネリング、ヒーリングとかいうものも、博士チームの測定結果ではほとんどが意識レベル200未満であり、関わるとろくなことにならないということがわかっています。

レイキですら意識レベル290〜340という低レベルでして、人の救済をうたうスピリチュアルとしては「わざわざ習う必要なし」というレベルです。

しかも、アチューンメント代金が結構な金額になりますし。

いや、一応、意識レベル200は越えているのですでに習ってしまった人(実は筆者もそう)は気にしなくていいと思うのですが。

それでも現実生活がひどすぎて、上記のものに縋らざるを得なかったり、あるいは上記のものを取り入れたときに癒されたと錯覚してしまったりすることは大いにあると思います。

ただ、時間が経過していくうちに、「?」となるものと思われます。

 

いわゆる低次元アストラル系(意識レベル200未満のもの)は、本人に一時的な成功を与える代わりに、後日高額の請求書をつきつけるとも言われています。

その請求の内訳は、あなたの霊的成長かもしれません。(多くのケースでは本人のパートナーや子供など「大事な人」であるようです)

触らぬ神に祟りなし、です。

このブログの内容も一応疑っていただいて、それでも信用できそうだと思ったら、完全なる自由意志で役立てていただければと思うのです。

 

余談も余談なのですが…。

かの有名なマホメットムハンマド)は、コーラン執筆中、意識レベル700以上に上がっていたようです。

しかし、イスラム教を世界に広めんとすべく戦争を起こした際には意識レベル130まで堕ちてしまっていました。

その後彼の意識レベルが上がることはなくこの世を去り、そしてイスラム教といえば今や「危険な連中の代名詞」となりつつあります。

イスラム原理主義の意識レベルは100未満であり、霊的にも大変危険です。