人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「無気力無関心」 その1 はじめに

お待たせいたしました!

6月になりましたが、5月下旬より仙台は非常に暑いです。

(東北人にとって34度なんて真夏そのものです)

 

さて、今回より、意識レベルの解説の「無気力」「無関心」「絶望」の分野に入っていきます。

 

再度意識のマップをご紹介します。

f:id:miyagilso:20180504152310j:plain

下から3番目になります。

これは、博士の書籍に掲載されている英語版意識のマップでは、「Apathy,Hatred」と書かれています。

しかしこのレベルの形容として一番しっくりくるのは「絶望」「望みを絶たれた状態」です。

 

全てに絶望して、何も受け入れられず、気力も望みも湧いてこず、ただ誰かに依存してのみ生きられる状態。

そんな状態のことを言います。

 

おそらく前回・前々回の「恥」や「罪悪感」に続いて、「こんな説明もういいよ」となりそうな感じの内容になります。

ただ、これら「下位レベル」の話を避けて通るというわけにもいかないですし、知っておかないと知らないうちにそのレベルに「引き込まれていた」なんてことにもなりかねません。

 

筆者も早いとこ意識レベル200以上の上位レベルの話に移りたいとは思っていますが、後で読むときのために、一応順番にご紹介していきます。

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)