ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

「ソウルメイト」の考え方

ソウルメイトというものの存在が本当なのだ!と信じて疑わない方は、今すぐこのブログを閉じてください。

そのような方は、二度とこのブログにいらっしゃらないほうが心の平安を保てるかもしれません。

 

 

本日読んだネットニュースの中に「スピリチュアルママ友」というものが現れ始めた…という記事を発見し、それを読むと、たいていこのブログで「偽物だよ」と叩いているものに傾倒しているものがほとんどです。

 

タロット。

ソウルメイト。

パワーストーン

竜が見えるとか天使が見えるとか。

等々。

 

一応、パワーストーンは意識レベル200と「Truth vs Falsehood」に記載がありますので一応ネガティブとは言えないのですが、霊的成長を促すレベルのパワーはなく、「単に気休め」とか「インテリア」「アクセサリー」とか程度に考えておくのが無難です。

 

ソウルメイトについてはまだ上記書籍に記載を見つけてはいませんが、それと同等の考え方であるスターチャイルド(?)とかクリスタルチルドレンとかの類と考えると、これも意識レベル200未満、霊的真実の観点からしたら嘘っぱちなのでそういう考え自体を捨てるのが無難です。

 

タロットは意識レベル200未満です。

それに限らず、「カード系」は皆意識レベル200を切っていると思っていただいて結構です。

先日、オラクルカードを量産しているヒーラーさんが他人の作成している同種のカードを「スピリチュアル的に偽物だ」と警告していましたが、筆者に言わせれば、「競合を叩くために警告の名を使ってるだけでしょ」となります。

どっちもどっちです。

 

カードは、数枚~数十枚のカードを裏返しにして一定のルールに沿って並べていったとき、そのカードの並びが高次元からのメッセージだと考えられていますが、なぜ「低次元」も高次元のふりをして介入しようとしてくる危険性を考慮しないのでしょうか。

 

スピリチュアルをやるとき、一番気をつけないといけないのは、この「高次元のふりをした低次元が自分の人生に介入しようとする」ことなのです。

 

実生活でもよくあるじゃないですか。

詐欺師は、最初から詐欺師とわかる姿かたちをしていないって。

むしろ、見た目もしゃべりも信頼できる風にしていて、一般人が魅力を感じる経歴を詐称しまくって、相手をコロッと騙すって。

あれは、目に見えない世界でも、頻繁に起きているのですよ。

 

という話をホーキンズ博士に教わって、筆者は迷うことが一切なくなりました。