ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「悲しみ」 その2−2 高級車販売店の意識レベル

これは筆者の主観的体験ですのではじめにお断りしておきます。

 

意識レベル200未満(特に125〜199)のレベルにある人々がこだわる物事の一つに、「周囲から羨ましがられる物品を所持すること」があります。

 

この本質的な理由は、「承認欲求」です。

その高級品を持つことで周囲から羨望の目で見られたい。褒められたい。

一般的大多数の理由はそこになります。

 

筆者は現在は、そこからは離れて、「純粋にその車の走りとエンジン音が気に入ったから」ということで某外国車を保有しています。

当然、街を走っていても、対向車の人に振り向かれます。

いわば「ガン見」状態です。

しかしそんなことをいちいち気にしていると本当に接触事故を起こしかねないため、筆者はガン見されてないことにして運転に集中しています。

 

と・こ・ろ・で。

そういうブツを取り扱う場所(会社、担当者含む)の意識レベルはというと、やはり、「欲望」〜「傲慢さ」(つまり、意識レベル125〜199)の間に入り込んでしまうことが多いようです。

 

それもそうかもしれません。

見栄を張りたい人たち、お金稼ぎは上手だけどあとはいろいろと(特に家庭等に)問題が…な人たちが集まる。

そして、「とにかく売らなきゃ」という売る側の思考回路と「ノルマ」至上主義の姿勢。(確かに毎月一定数以上売り上げなければ会社は維持できないのですが、もっと高い視点からの集客&売上という方法も一応あるのです)

これらがグルグル渦になっている場所です。

 

だから、なんとなくフラフラと入ると、「気がついたら買っちゃってた」ということになりかねないのです。

売る側はこれを悪用して「売りまくる」という方法もありますが、リピーター作りには適しません。

どちらかというと、いずれ末端がいなくなるネットワークビジネス的なやり方になります。

両者とも意識レベルが低くなっている状態ですので、どちらか(あるいはどちらも)自滅するパターンです。

特に、買った人がローンの審査に通ったはいいけど、その後支払いができなくなって音信不通&所在不明…となったら、どうします?

 

余談ですが、あまり高すぎるものを持つと、それまでの人間関係にヒビが入ることもあります。

これは住宅ローンを組んでマイホームを購入された方などは経験があるかもしれません。

筆者も、車を高いものに買い換えたあとは、顧客層の入れ替えが頻繁に発生します。

 

その縁の切れ方が、いい方向であるとは限らないので、用心するに越したことはありません。

 

買っちゃダメだって意味ではありませんよ。

でも、売り手の意識レベルには、気をつけたほうがいいかもしれませんね。

もちろん、一番大切なのは、自分自身の意識レベルです。

 

本記事は以下の記事の補足となります。

miyagilso.hateblo.jp