人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「悲しみ」 その6 ネガティブな感情の処理方法

ネガティブな感情が自分のマインドに居座るのは非常につらいことです。

ところでネガティブな感情って…、と思ったら、意識のマップに戻って確認するのがベストです。

ということで再掲します。

f:id:miyagilso:20180504152310j:plain

今回は、ホーキンズ博士の著書「Transcending the Levels of Consciousness」に掲載されている、ネガティブな感情を手放す手順をご紹介します。

ただし、この方法は、意識レベル75未満の恥・罪悪感・無気力無関心の感情には使わないほうが無難だということですので先にお断りしておきます。※

 

  1. 気持ちから目をそらさずに一点集中する。すべての痛みは抵抗からくることを理解する。損失の苦しみは執着に由来する。
  2. 感情を避けずに、没頭する。感情のもっとも強い波にサレンダーするということは、感情の重症度を低くするという効果がある。(つまり、ネガティブな感情に対して否定せずに、「もっとこい」というくらいの姿勢でいること)
  3. 神の援助を求め、個人的意志を神にサレンダーする。具体的には旧約聖書詩篇とか霊的に意識レベルの高い書物を読むなど。
  4. このプロセスから逃げない。辛いとは思うが耐えること。いずれ一時的なもので終わる。

 

このときに、それまで閉じ込めていた他の「損失に関する感情」も芋づる式に出てくることがあります。

そしたら、それらも同様の処理で処理してしまいます。

処理が終わると(どれくらいの時間がかかるかは人それぞれですが…)ほとんどそのことを思い出さなくなるか、他人事状態になります。

 

※恥(意識レベル20)、罪悪感(意識レベル30)、無気力無関心(意識レベル50)のレベルに陥ったときの対処方法は過去記事をご覧ください。総括して言えることは、これらのレベルから脱出したい場合、意識レベル540以上の超絶な高エネルギーを外部から注いでもらう以外に立ち直る方法はないようです。

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)