ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「恐怖」 その1 遍く存在するネガティブな感情の代表格

昨日は更新できず申し訳ございません。

さて、本日より、意識レベルについてシリーズは「恐怖」についてご紹介していきます。

 

恐怖の感情を抱いたことのない人は誰一人としていないと思います。

恐怖の意識レベルは100、一応、意識レベルは3桁になると人間はとりあえず活動することができるようになると、ホーキンズ博士は教えています。

とはいえ、ネガティブな状態であることは自明です。

 

「活動できるレベルの意識レベルとしては最低レベル」と言っても過言ではないのかもしれません。

 

意識のマップをもう一度ご覧ください。

f:id:miyagilso:20180504152310j:plain

 

ホーキンズ博士も推奨しているスピリチュアルワークの一つである、「奇跡のコース」においても、「恐れか、愛か」と表現されるように、恐れというのはネガティブな感情の代表格であります。

※誤解なきようお願いしたいのですが、ここでいう「愛」はロマンスや感情のことではありません。いずれ実感することになるかと思いますが、愛とはあり方、まあ簡単に言えば「優しさ」や「思いやり」がそれに近いと思ってもらえればいいと思います。

 

この恐怖という感情は、ありとあらゆるトラブルを引き起こすものである、と博士は指摘しています。

しかし、これまで紹介してきた「恥」「罪悪感」「無気力無関心」を中心とした低いレベルに比べて、このレベルの処理は、特殊な環境になくてもできる可能性があるのです。

 

それらはまた順を追って説明させていただきます。

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)