人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

「風水」「断捨離」の真偽について

ホーキンズ博士の著書「Truth vs Falsehood」によると、風水の意識レベルは一定しないようです。

このブログで書くように「風水 意識レベル〇〇〇」ではなく、風水の意識レベルは185~210と、実は「臨界点」をまたいでいるのです。

これは、風水の教え(流派によっても変わりますが)の中には取り入れないほうがいいものもあるということを意味しています。

 

また、「断捨離」が流行っていますが、断捨離の意識レベルは…上記書籍には見当たりませんでした。

 

なぜ、風水が運気上げに貢献するのか、断捨離が運命改善の切り札のようにすら言われているのか。

いわゆる「効く系」の風水だと、だいたい、「お掃除」が出てきます。

玄関に余計なものを置いちゃだめだ、とか。

これは空気の出入り口にもなりうる玄関にごちゃごちゃとモノがあれば部屋の中の空気がよどんで中にいる人間の人体に悪影響が及ぶとか、災害等(火災がわかりやすいかも)ですぐ逃げなきゃというときに玄関がモノだらけだったら逃げるに逃げられず以下省略…な展開も考えられます。

 

このブログで以前ご紹介したと思いますが、地場の悪い土地の見分け方として、まずはハザードマップを確認しましょうという話も、同様です。

 

多分、その記事を以前ご覧になった方は、「なーんだ、何か特殊な能力を使って、そこにいる【霊】とか探るんじゃないの?」と思ったかもしれません。

意外とこのブログは夢もファンタジーもなかったりします。(笑)

 

断捨離に至ってはもっとシンプルで、いらぬモノを溜め込むことでゆくゆくはごみ屋敷になりやすく健康を害しやすい。

 

風水も断捨離も、どちらかというと「ふわふわした考え方」ととらえる節もありそうな気がしますが、こうした考え方のうち本当に効果があるものは科学的な観点から検証ができるんだよと博士は教えています。

 

つまり特殊な霊能力がどうとか、日常生活では必要ないってことです。

(逆に言えば、金持ちになるためには長財布とか、あまり根拠はないと言えそうです。

 折財布でも収支の管理をきちんとできていれば資産形成は可能なはずですし。

 でも、「この財布を使ってお金持ちになるんだ…っ!」という意志が強ければ、意志の強さに加えて財布の存在がトリガーとなりお金を引き寄せることはできるかもしれません)

 

よく言われていますよね、「霊が集まりやすい」と言われる場所もよく見たら湿気が多くてもともと人体にとってよくないとか。

 

科学とスピリチュアルの融合について、いずれ詳しくご紹介します。

 

Reality, Spirituality and Modern Man (English Edition)

Reality, Spirituality and Modern Man (English Edition)