人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「恐怖」 その13 恐怖を手放すと決めたら、全部手放せ

ホーキンズ博士曰く、恐怖というものは、「自分の主権を神に明け渡さないで、エゴの主張に従うつもりであるという意思表示である」としています。

 

どういうことかというと、恐怖の感情についてこのブログで紹介している(といっても元ネタがホーキンズ博士の著書ですからね…)手放しをせず、その内容の赴くままに行動したところで、神の導きによる奇跡の生活は送れないよ という意味です。

 

要は、このブログをお読みの方が、密かに期待しているんじゃないかと思われる、「スピリチュアルで心の平安を迎え、その中で生きたい」とか「現実的な努力を最大限に実行しても生活が苦しい、思うようにならない。もうこうなったら神でもなんでもすがるしかない」とかいう望みは、叶えられないよ といってもいいのかもしれません。

 

そして恐怖は、広範にわたり、人の心につけこむ性格を持っています。

だから、恐怖の手放しは、今このブログを読んですぐにってわけにもいきませんし、一朝一夕にできるものでもありません。

それでもやる必要があります。

 

博士の言葉をもう一つ引用します。

「すべてにサレンダーすることは平和をもたらす。一部だけ、あるいは条件付きのサレンダーは残念な結果をもたらす。」

 

そしてこの手放しは、特に「意識して」行う必要があるようです。

こればかりは、特に道具も環境も必要ではありませんから、「そのときの流れに任せる」的な考えでは、すぐに自分の意識レベルが落ちてしまいます。

 

恐怖を手放す、という自分の意志(※単なる考えを示した意思ではなく、強い決意を意味する意志ですのでご注意)が、神と平和との調和を可能にし、自分自身に対する自信と勇気と個人の尊厳を高め、自己破産や自己嫌悪といったネガティブな状態から遠ざける、ということです。

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)